[人気ブロガーはちみつさんに聞く]驚くほどスッキリ!洗面台下の収納に便利なアイテム

 

ストックやこまごましたものが多いサニタリースペース。だからこそ、洗面台下の収納部分はしっかり活用したいところ。でも、配管が邪魔で、意外とこの部分の収納をうまく活用できていない人も多いようです。

そこで今回は、ブログ「すっきりでナチュラルなおうちライフ」を運営する人気ブロガー「はちみつ」さんに、洗面台下の収納術を教えてもらいました。

とにかく収納スペースの採寸を念入りに

洗面台下の収納を無駄なく使うためのポイントは、「採寸」にあるというはちみつさん。 「パイプまでの奥行きや、各所出っ張りまでの高さ、両端の扉の蝶番の出っ張りなどに注意して細かく採寸することが重要です。配管を上手に避けることには注意しても、扉の蝶番の出っ張りを見落とす方が多いので、忘れず気を配ってくださいね」。

扉の蝶番なんて、言われなければ完全に見落としてしまうポイント。目の付け所がさすがです。

引き出しがないなら自分で作っちゃう!

収納の採寸が済んだら、次はそのスペースを活用するアイテムを入れたいところ。はちみつさんに洗面台下収納に使えるおすすめアイテムを聞きました。

洗面台下収納1a

無印良品のファイルボックスがおすすめ。見た目もすっきりするし、洗剤やシャンプーなどのストックを並べ入れ、引き出しのように使えます。シャンプーや掃除スプレー類、洗濯用洗剤のストックの高さにちょうど良く、手前から古いもの、奥に新しいものの順に並べれば、管理しやすいです」。

写真を見ると、ファイルボックスの斜めになっている部分が、ちょうどよく配管を避けています。これは確かに使いやすそうです! 

「また、同じく無印良品のポリプロピレン製引き出しを入れ込むのも手。引き出しは洗面台下の奥行きが最大限活かせて、奥の物も見渡しやすくなり、ストックがあるのに重複して買い物をしてしまうデメリットを減らします。またポリプロピレンは拭き掃除や水洗いもできて衛生的です」。

さらに、洗面台下の収納をキレイに使うには 「引出しなどに収納したら、引き出しにラベル付けをしましょう。また、〈シャンプー、歯磨き粉のストックはここ〉と指定席を決め、他の場所には置かない。家族が見てもすぐわかり、それぞれが取り出せるようにします。そして、ストックは1種類1個とし、あまり増やさないことが重要です」。

はちみつさんの収納術、ぜひ参考にしてみてください。

取材協力:はちみつさん

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事