[人気ブロガーはちみつさんに聞く]親も子もストレスフリー!おもちゃの上手な片付け方

 

小さな子どもがいる家庭にとって、子どものおもちゃであふれかえったリビングは日常茶飯事。片付けても片付けてもキリがないからと、あきらめている方も多いのでは?そこで、おもちゃの整理整頓を定期的に行っているという、人気ブロガーのはちみつさんに、その方法を聞きました。

子供の成長を感じられる、整理整頓のススメ

子どもと一緒におもちゃの整理整頓を行っているという、はちみつさん。具体的な進め方を聞くと「『おもちゃが増えて遊びにくくなってきたから、〈大事なもの〉と〈もう遊ばないバイバイするもの〉に分けよう!』と娘に言って、おもちゃの整理を促しました。子どもでも〈よく遊ぶおもちゃは大事〉、〈ほとんど手に取らなくなったおもちゃはもういらない〉と自分で的確に判断して分けています。回を追うごとにテキパキと整理している娘の姿に、私の方が関心してしまうほどです」。

子供の成長を感じながら片付けまでできる、とっても良い方法ですね。

キャスター付きの収納ラックなら、子どもでも楽に片付けられる

整理整頓したら、次に行うのは、おもちゃの仕分け。

はちみつさんいわく、「まずはボックスやバケツを利用し、種類ごとに分けます。その後、よく使うものは出し入れしやすい位置に収納します。わが家の場合は、子ども部屋とリビングにおもちゃを置いていますが、まだリビングで遊ぶ時間が長いため、頻繁に遊ぶものはリビング収納内のおもちゃコーナーに収納するようにしています」。

おもちゃ収納1a

また、画像のようなキャスター付きのラックがおもちゃの収納にオススメだそう。

おもちゃ収納2a

「整理しやすいキャスター付きラックは、クローゼットや押入れに収納しておいても、子どもの力でも移動できるので、自分で出して遊べるからとても便利です」。

おもちゃ収納3a

おもちゃの片付けは「分かりやすさ」優先

はちみつさんがおもちゃの収納で一番気をつけているポイントは「目的のおもちゃがすぐわかり、しまいやすいこと。片づけしやすい状態なら、おもちゃ収納が荒れる頻度も下がり、親もストレスフリーです。毎日出かける前と寝る前には必ず子供自身で片付けさせて、キレイになったらたくさん褒めてあげます。片付くと気持ちいいって実感させるよう心がけていますね」。

おもちゃ収納4a

子供と一緒にコミュニケーションを取りながら、整理整頓を行うことで、お部屋の片づけだけではなく、さまざまなことを発見できるよい機会になりそうですね。

取材協力:はちみつさん

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事