実践!「干し方」で洗濯時間はこんなに変わる!

 

そろそろ衣替えのシーズン。夏物衣料や夏がけも洗ってしまわなくちゃ! でも、干しにくかったり場所をとったりして、けっこうめんどう…。ということで、画期的な干し方はないものかと調べてみました。

 

「三角干し」にすると寝具類の乾く速度がアップ!! 

 タオルケットなどの寝具類は、乾きが悪いのが悩みの種。ところが、対角線上の角を合わせて「三角干し」にすると、水滴が1か所に集まって乾きが早くなるとか。さっそくやってみました!……1時間もするとかなり乾いている感じ。たしかに、普通に干すより早い!!

P1020874a 

 

ピンチハンガーの上は平干し台に活用できる!!

 カーディガンなどの伸びやすい衣類を平干しするには、専用の平干し台がないとダメだと思っていたのですが……なんと!ピンチハンガーの上に干すという、目からウロコの裏ワザを発見!! 平干し台に干したときと同じように、型崩れせず干すことができました。

 

P1020884a

 

三角干しは普通に干すより多少スペースを使いますが、サクサクっと乾くのが魅力です。ピンチハンガーの平干しはハンガーにほかの洗濯物も干せ、スペースを二重活用できるので得した気分になれます♪ 

P1020897a

 

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事