収納枚数4割アップ!プロ直伝、衣装ケースの収納術

全ての衣類を衣装ケースのサイズに合わせて三つ折りにたたみ直し、ケースを縦に置いて、下から積み上げていきましょう。

着道楽な夫と整理整頓が苦手な私。わが家には、クローゼットに入りきらない衣類を入れた衣装ケースが18個も床に積みあがっています。衣替えを機に少しでも衣装ケースを減らしたい……。という切実な思いから、整理収納アドバイザーのすはらひろこさん直伝の「長方形→三つ折りにたたむ」と「積み上げきっちり収納」を実践してみました。

すはらひろこさん直伝「長方形を作ってからたたむ」を実践!

衣装ケースのサイズに合わせて衣類をたたみ直す

私のTシャツやカットソー類をぐしゃぐしゃに詰め込んだ衣装ケース(サイズは幅35×奥行き63×深さ25cm)。申し訳程度に表面を整えてあるものの、横から見るとけっこうな詰め込み具合です。 

before

ケースの中身をすべて出してみたところ、Tシャツとカットソーが計42枚も!こんなに持っていたのかと、われながら驚愕です。なかには、すっかり存在を忘れていたもの、寿命を感じるものも多かったです(汗)。

紛れ込んでいた靴下などを元のケースに戻して、Tシャツ類をたたみ直していきます。

これまでは何気なくたたんだあとコンパクトにしようと半分に折っていましたが、今回は衣装ケースに2列に収めることを考えて、幅を狭めに調整。高さもケースに合わせて三つ折りにしました。

ケースは縦に、下から「積み上げきっちり収納」

すべてたたみ終えたら……ここがポイント!衣装ケースを縦にして下から積み上げていきます。この「積み上げきっちり収納」は衣類の重みで自然ときっちりしまえ、収納力がアップします

42枚すべて入れても、なんとまだこんなに余裕が!

ケースを縦にし、積み上げる様子

スペースに余裕が生まれたので、ほかのケースに入っていた衣類も投入。収納枚数42枚が58枚に。むりやり詰めたわけではないのに、なんと収納率が約4割アップしました!

after

収納する衣類が少なければブックスタンドで固定を

収納ケースいっぱいまで入れなくても「ブックスタンド」で衣類を固定し、空いたスペースにほかのものをしまうという方法もアリ。収納する衣類が少なくても、崩れずにきっちり収納されたままです。

ブックスタンド使い

どうでしょう!見ているだけで気持ちがいいこのスッキリ加減♪探している服がどこにあるか一目で分かりますし、スッと取り出せてラクになりました。

衣装ケースの収納力がアップし、見やすく、取り出しやすい収納に大変身! また、底の方に眠っていた衣類の状態が把握できたおかげで、不要なものの処分もできました。シーズンオフの衣替えはもちろん、ふだんから取り入れていきたいテクニックです。

監修:整理収納アドバイザー すはらひろこさん

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事