[マイカジ白書]4割以上の人が家事をやりたくないとき、いやいややっている!

 

掃除と洗濯、1日3回の食事作り。家族がいれば、家事の量も人数分になります。でも、仕事や育児で疲れていたりして、「今日は家事をやりたくない!」というときは、誰にでもあるのでは? そんなとき、みなさんはどうしているのでしょうか?

気になったので、「マイカジ白書」でアンケートを実施してみました。結果は下記の通りでした。

「家事をやりたくないとき、どうしてる?」

いやいややる 38%
気分転換をしてからやる 29%
やらない 26%
誰かにやってもらう 7%

〈いやいややる〉派によると、「家事が溜まって困るのは結局、自分だから」、「主婦の仕事と割り切っている」、「他にする人がいない」、「手抜きしながら一応終らせる」などのがんばり屋さんな声が。

〈気分転換をしてからやる〉派は「コーヒーブレイクしてからやる」、「お気に入りのDVDやCDを流しながらだと乗り切れる」、「終わったらケーキを食べるなど、自分にごほうびをあげる」とのこと。これはマネしたいかも。

〈やらない〉派は「無理にしてもストレスがたまるだけだから」、「やりたくないときは疲れているときだから、思いきって家事を休む」、「外食するのにちょうどよいタイミング」とのこと。思いきって休むのも方法のひとつということですね。

〈誰かにやってもらう〉派からは「実家の母親に頼む」、「夫がしてくれる」、「もともと家事を家族で分担制している」という声が聞かれました。ほかに「お手伝いという名目で小学生の子どもにやらせる」という猛者も。

ちなみにわが家の場合は、徹底して〈やらない〉派。掃除も洗濯もすべて後回しにして、食事は冷蔵庫にあるもので済ませます。たまに家事を休むと、リセット感があり、心に余裕が生まれますよ。

家事をやりたくないときは、アンケートの結果を参考にしてみては?

写真:Thinkstock / Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事