ツリーも新品みたいにピカピカ♪ クリスマスに向けて美しく飾り付けする方法

 

早くも街にはクリスマスソングが流れ、色とりどりのイルミネーションで彩られる季節。そろそろクリスマスに向けて、飾り付けがしたい!という子どもたち。息子5歳、娘3歳、せっかくのいい機会なので、飾り付け前のお掃除から一緒にやることにしました。

まずは親子でクリスマスツリーを準備。オーナメントもピカピカに。

わが家では、毎年、クリスマスツリーをリビングに飾ります。私が納戸の奥からクリスマスツリーを出してくる間に、娘に「クイックルワイパー」でリビングのホコリをお掃除してもらうことにしました。

b1a

本体が軽いので、子どもの力でもスイスイ動かせます。何かとママの真似事をしたい3歳娘、身長に合わせて柄の長さを調整すると、上手に拭き掃除をしてくれました。

クリスマスツリーは、1年間納戸にしまいっぱなしだったので、なんだかホコリっぽい。オーナメントにもホコリがついて、くすんでいました。そこで、ツリーに飾り付ける前に、オーナメントも「マジックリン ピカッと輝くシート」でピカピカにすることにしました。

b2a

シートの表面はザラザラとしているのに、全体の感触はソフト。特殊なセンイがオーナメントのくすみや汚れをかきとって、子どもの力でもしっかりピカピカに磨けます。

b4a

ベタベタした汚れやくすみが取れて、より輝きが増しました!もう何年も使っているのに、まるで新品みたいなツリーに変身♪

飾る前にササッと拭いて、照明をピカピカに

子ども部屋には、クリスマス気分を盛り上げる、かわいらしいオーナメントを飾ります。照明からカーテンレールに、ガーラントを垂らすので、照明とカーテン周りをお掃除することにしました。

b5a

クイックルワイパーハンディ 伸び縮みタイプ」なら、5歳の息子でも高いところのお掃除がラクラク♪ 普段あまり気にしてなかった照明のホコリもスッキリ取れて、部屋が一段と明るくなったよう。

せっかくのクリスマスインテリアもホコリっぽく薄汚れた照明では、台無し。落ちにくい汚れは私が「かんたんマイペット」を使って、キレイに仕上げました。

b6a

掃除が終わったら、お楽しみの飾り付け。

b9a

ガーラントを照明からカーテンに向けて吊るしたり、麻ひもを垂らし、ウッドクリップでサンタさんのカードを挟んだり。自分たちの部屋を整えて飾ることで、部屋に愛着がわき、季節感を取り入れる学びにもなりました。

窓やサッシをピカピカに磨いて、ジェルオーナメントの粘着度もUP!

さらに窓には、ジェルオーナメントを飾ることに。ホコリや手アカなどで汚れた窓ガラスでは、クリスマスが来る前に、粘着度が弱まって、ジェルオーナメントが剥がれてしまいそう(苦笑)。

私が「ガラスマジックリン」で窓の拭き掃除をしている間に、息子には「クイックルワイパー ハンディ」でサッシ溝を掃除してもらいました。

b10a

360°全面についたふわふわキャッチャーが、サッシの細い溝にもスッと入り込んで、息子でも上手にホコリを絡め取ることができます。

簡単に汚れが取れるので、楽しそう!私も向かい合って、「ガラスマジックリン」で窓ふき掃除。目の届くところで共同で掃除できるので、母としても掃除時間が楽しい。

窓がピカピカ、表面もツルツルになったので、兄妹で楽しくジェルオーナメント貼り。

b11a

クリスマスやパーティ当日じゃなくても、こういった準備をしたことも楽しい思い出につながりそう。掃除のやり方も覚えることができて、一石二鳥ですね。

b13a

今回、掃除を手伝って家じゅうがピカピカになった喜びと、クリスマスオーナメントを飾って部屋が彩られた楽しさとで、子どもたちも自信たっぷり、手伝わせた甲斐がありました。これからは、どんどんできることをお手伝いさせなくちゃと母にも発見が。こうして迎えるクリスマスシーズン、気持ちよく柔らかな気分で過ごすことができそうです。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事