花粉やPM2.5は入ってこないの?マンションの24時間換気に関する疑問

 

最近のマンションは、24時間換気の機能がついています。つけっぱなしにしていると電気代が高くなりそうだし、冬場は吹き込む外気で暖房も効きづらいと思っている方も多いのでは? そこで、今回、換気口や換気口関連商品の製造・販売を行なっている株式会社ユニックスの浦井克典さんに、24時間換気の疑問について聞きました。 

24時間換気はなぜ必要なの?

24時間換気は、シックハウス症候群対策のため、2003年の建築基準法改正で定められました。今では、新築や、改築されるすべての住宅への設置が義務づけられています」(浦井さん)

最近のマンションは気密性が高いので、より空気がこもりがち。24時間換気で、つねに外から新鮮な空気を取り入れたほうがいいというわけです。

シックハウス症候群とは、新築の家に住みはじめると出る、めまいや頭痛、吐き気などの症状のこと。建材や家具などに含まれる、ホルムアルデヒドなどの化学物質が原因だといわれています。

換気口の電源はオフにしてもいいの?

冬場は寒い空気が入ってくることから、電源を切ったり、換気口を閉じてしまう家庭もあるようです。
化学物質は日用品などからも発散されるので、台風や大雨など以外は常時換気を行うことをお願いしています」と浦井さん。

電源をオフにすると空気がよどみ、室内に結露が発生してカビが生えやすくなるといわれています。

最近の換気システムは1時間当たり0.5回以上(部屋の半分)の空気を入れ替えられるようになっているとのこと。

換気にはどんな種類があるの?

換気は「自然換気」と「機械換気」に分けられます。

2003年より前に建てた建物は自然換気が主流。機械換気は換気ファンがつき、強制的に給気(屋外の空気を室内へ取り入れる)と排気(室内の空気を屋外へ吐き出す)を行えます。

機械換気は、さらに3つに分かれます。

  • 第1種換気:給気口・排気口の両方にファンなどを設置
  • 第2種換気:給気口のみにファンなどを設置
  • 第3種換気:排気口のみにファンなどを設置

「多くの住宅は第3種換気システムが採用されています」と、浦井さん。

ちなみに、気になる電気代は、換気のタイプによって異なるとのことなので、各メーカーへ問い合わせてみましょう。

花粉やPM2.5は防げるの?

24時間換気で気になるのは、空気と一緒に花粉やPM2.5、砂埃といった微細な物質が入ってくるのではないかということ。これらを防ぐことはできるのでしょうか?

現在、室内用給気口はフィルターを付けるタイプが主流。大気の塵や花粉対策用のフィルター、DEP(ディーゼル排気微粒子)対策のフィルターもあります。当社の製品では、花粉や大気の塵を60~95%集め、PM2.5(0.5~1.0マイクロメートル)も50%捕集できます」(浦井さん)
かなりの高確率で室内に入るのを防げているということですね。

窓を開ける換気は、ホコリや花粉がもろに入り込んでくる可能性大。やはり換気口を通しての換気がベストのようです。つねに綺麗な空気を保ち、快適に暮らしたいものですね。

取材協力:株式会社ユニックス

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事