ホコリ1gには約10万個の菌がいる!?リビングのホコリ掃除のコツ

リビングのホコリは菌のたまり場!「クイックルワイパー」を使い、高いところから下に向かってこまめに掃除しましょう

全部屋フローリングのわが家。少し掃除をサボると、部屋の隅にふわふわ~とホコリがたまってきます。気づいてはいるけれど、日々仕事と子育てで忙しく、見て見ぬふりの私。しかし、先日、「花王」が行った〈家庭のホコリ調査〉によると、衝撃の事実が判明。もう見て見ぬフリはできないようです。今回は、その結果についてご紹介したいと思います。

いちばんの菌の温床は、リビングだった!

調査によると、ホコリは汚れやダニだけでなく、菌・カビのたまり場であることが判明。そして、驚いたことに、家の中にあるホコリ1g中には、約10万個の菌、約6万個のカビが存在しているということが確認されました。しかも、床にあるホコリの菌数は、トイレよりもリビングの方が多いという予想を裏切る結果に。一般的なリビングの細菌数は、なんとトイレの2.6倍!

リビングに多い理由は、人がいる時間が長い分、ホコリが発生・蓄積しやすいこと、高いところのホコリが落ちて溜まりやすいため

子どものいる家庭のほうが、菌が多い

子どもがいる家庭と、いない家庭とで比べてみると、子どものいる家庭のほうが菌の数が多く、特にリビングの床の菌数が多い傾向にあるそうです。わが家には小さな子どもがいますが、子どもが床近くで活動していた「ずりばい期」や「ハイハイ期」などに、大量に菌を吸い込んでいたかもしれないと思うと、親として申し訳ない気持ちでいっぱいです。小さなお子さんがいる家庭の方は、気をつけてあげたいですね。

「クイックルワイパー」でホコリを舞い上げずに掃除するのが効果的

では、このホコリの対処法はというと、当然のことながら、こまめに掃除することが一番の解決策。そして、ホコリを舞い上げず掃除する方法としては、クイックルワイパーシリーズを使うのが効果的です。

掃除の基本は上から下へ。まずは「クイックルワイパー ハンディ」で家具の隙間や高いところのホコリを掃除し、「クイックルワイパー」に「立体吸着ドライシート」をセットして床を掃除しましょう。

・クイックルワイパー ハンディ

サッとなでるだけで吸着センイがホコリをからめとって離さないので、上から落ちてくる心配なく、掃除できます。

・クイックルワイパー本体+立体吸着ドライシート

ミクロのホコリまでしっかりキャッチする吸着シートと、床面にフィットするぐるぐるやわらかヘッドの相乗効果で、ホコリ・髪の毛・ハウスダストまでからめとって離しません。

これからは、何より家族のために、“こまめに掃除”を誓います! そして、少しでもホコリが目についたら、さっと掃除ができるように、まずは目の届く場所に「クイックルワイパー」を置いておきたいと思います。

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事