[ビックカメラに聞く]底冷えする冬にお役立ち!足元を温める最新ヒーター

 

気温はぐっと下がり、いよいよ冬本番。冷え性の人にとっては、足元の冷えがつら〜い季節になってきました。足元専用のヒーターを備えて、冷え知らずな冬を過ごしたいですね。そこで「ビックカメラ有楽町店」の販売員・岡田厚さんに、この冬あるとうれしい、小型ヒーター3機種を聞きました。

タテ・ヨコ、好きな場所に設置できる2WAYヒーター

デスク下などの狭い場所だと、小型ヒーターでも意外と置き場所に困ってしまうもの。縦幅、横幅のせいで、自分にとって最適なポジションに置けないことも。でも、そんな問題を解決してくれそうな機種が、今年パナソニックから登場したのだそう。

確認用JPG+DS-FTX1200-Ka
「パナソニックの最新ヒーターは、縦横どちらでも置ける2WAYタイプです。また、人センサーが搭載されていて、人の動きに合わせて自動で電源をオンオフしてくれるので、効率良く節電をすることもできます」(岡田さん)。

足元を集中的に温めたいときは横置き、膝下まで温めたいときは縦置きと、温めたい範囲に合わせて縦横を選んでもいいそう。

さらにナノイー発生装置も設置されていて、空気中のアレル物質やウイルスの抑制効果も。使い勝手の良さ抜群の、今年注目の最新ヒーターです。

部屋を暖めるだけでなく、加湿機能付きでうるおいも保てる

ヒーターのデメリットは空気が乾燥しやすいということ。乾燥すると肌や体調にも影響が出ることも。湿度をある程度キープしたまま、足元をぽかぽかに温めてくれるヒーターがあればいいのですが…。

確認用JPG+DS-FKX1205-Ka

「それなら、パナソニックの加湿機能付きセラミックファンヒーターがオススメです。水を入れるタンクが付いていて、水蒸気をファンヒーターの風と一緒に流してくれます」(岡田さん)。

温風と同時にうるおいも届けてくれるなんて、これは女性にとってはとてもうれしい機能ですね。湿度が高い方が体感温度も上がるので、冷えもより和らげてくれそうです。

意外なコラボで誕生したおしゃれヒーター

「部屋に置くものなので、デザイン性にもこだわりたい」という人にぴったりなのが、小泉成器とサクラクレパスがコラボレーションして誕生したクーピーペンシル型ヒーター。

KKS0643a
「スイッチを入れた瞬間に温かくなる、即暖性に優れたカーボンヒーターです。形もスリムで軽いので、持ち運びして、お風呂の脱衣所やトイレにも置くことができます」(岡田さん)。

スイッチを入れて立ち上がるまで、なんとたったの0.2秒。冷えきった朝の部屋などにはうれしい速さです。もし倒してしまっても自動で電源がオフなってくれるので安心感も◎。

商品情報

KOIZUMI「グラファイトヒーター KKS-0643

機種によってさまざまな機能が搭載され、最近ではハイスペックなヒーターが増えています。足元の温め+αを期待したいなら、選ぶ際に家電量販店のスタッフに質問するなどして、他の機能もよくチェックしてみましょう。

取材協力:ビックカメラ

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事