警備会社やカメラに頼りすぎないで!家の防犯対策で一番大切な事は?

防犯には「近所の目」が一番効果的。日頃からコミュニケーションをとり、異常の際に気にかけあえる関係を築きましょう。

最近は防犯グッズも進化しているので、それらを使って対策を行えば安心と、つい油断してしまいます。でもそこには落とし穴があるみたい。そこで今回は、防犯を考える上で一番大切なことは何か、NPO法人「神奈川県防犯セキュリティ協会」事務局の牛山鴻位さんに聞きました。

警備会社や防犯カメラに頼りすぎないで

「最近は警備会社と契約をしているご家庭も増えてきましたが、加入したことで安心しすぎるのは禁物!逆に、警備会社と契約できるほどお金があると思われてしまう可能性もあるからです。防犯カメラの設置も、取られたら困る金目の物がたくさんあるのでは、と思われる可能性があります」(牛山さん)

警備会社や防犯カメラはもちろん抑止力にはなりますが、それだけで安心するのは禁物です。自分でできるドアや窓の防犯対策もしっかり行っておきましょう。

また、せっかく防犯設備をつけていても、外出時にセンサーをセットしなかったり、カメラのレンズが侵入口へ向いていないと、防犯の役に立ちません。取り付けただけで安心するのではなく、上手に使いこなし、日々管理することが必要です。

ちょっとの工夫で”留守かどうか分からない家”に

自分でできる防犯対策として、”留守の時間がわからないようにする”こと。

留守番電話の「ただ今留守にしております」のメッセージの後に「すぐに帰宅しますので…」という言葉を付け加えたり、帰宅が夜遅くなる時は、タイマーで部屋の明かりをつけたり、室内の常夜灯を点灯するのも防犯対策として有効です。

長時間留守にする際は、新聞を止めるなどの配慮をしましょう。

また、ゴミ出しや買い物など短時間の外出でも施錠をきちんとし、外出の際は2階やトイレ、浴室のカギも忘れずにかけましょう。

近所とのコミュニーションで地域の防犯力を高めよう

実は、泥棒が侵入をあきらめる一番の理由は近所の目なのだそう。

「警報機が鳴っても誰も見に来ない、気がつかないでは意味がありません。近所の人と普段からコミュニケーションをとり、ブザーが鳴っていたら見に行ってみよう、電話をかけてみようなどと思える関係を築くことが大切なのです」(牛山さん)

警備会社は公安委員会規則で、異常を察知してから25分(一部30分)以内に現場に到着すれば良いとされています。しかし、空き巣はその間に仕事を終えてしまうことがほとんどです。

あまり見かけない人が近所をウロついていたり、家の様子を伺っているのを見たら一声かけるなど、地域での防犯力を高め、お互いの家を守るようにしたいものですね。

防犯設備に頼らず、近所とのコミュニケーションを心がけることが、防犯対策につながります。安心して暮らせるよう、自宅の防犯対策についてもう一度考えてみましょう。

取材協力:NPO法人神奈川県防犯セキュリティ協会

写真:Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事