今すぐできる玄関の防犯対策と玄関ドアの最新カギ事情

 

家族で一戸建ての家に引っ越すことになったとき、いちばん気になったのは、玄関や勝手口、窓など、侵入口となる場所の防犯対策でした。今回は、年末にかけて増えてくる空き巣対策として、玄関ドアの最新事情を、NPO法人「神奈川県防犯セキュリティ協会」事務局の牛山鴻位さんに聞きました。

今すぐできる、補助カギとガードプレートの設置

「防犯対策の鉄則は、侵入に時間がかかる家にすること。泥棒は侵入に時間がかかると、入るのをあきらめることが多いので、1ドア2ロックは鉄則です」と牛山さん。

玄関のカギが1つの場合、ドアに丸く穴を開けて取りつける円筒錠は簡単に破壊されてしまいます。比較的取り付けるのが簡単なPCマーク(※)付きの補助錠(箱形ケースに開閉機能を収めた箱錠)などをつけ、1つの扉に2つのカギをつけることが大切だそうです。

「さらにドアとドア枠に隙間があると、バール等でこじ開けられてしまうことも。鍵穴の周辺にガードプレートを取りつけ、隙間をふさぐのがおすすめです。ガードプレートはホームセンターなどで販売しています。価格も安く、簡単に取り付けらますよ」(牛山さん)。

まずは自分の家の玄関のカギ周りを確認し、できることはすぐにしておきたいですね。

※PCマーク…ある一定の防犯基準の試験に合格し防犯性能の高い建物部品と認められた製品につけられるマーク

カード?リモコン?最新の玄関カギ事情

 最近は防犯性の高い玄関のカギもたくさん販売されています。

カードキー

カードキーの多くは1ドア2ロックで、かざすだけで開錠できるもの。不正開錠されると、自動施錠機能が働き、再びカギがかかる仕組みのものもあります。

また、今使っている携帯電話、ICカードをそのまま家のカギとして使用できるものもあるそうです。

テンキー

暗証番号の入力により開錠します。カギ穴がないためピッキングができず、破壊にも強いのが特徴。カードキーも使えるものや、指紋認証による電子キーもあります。

スマートキー

自動車ではおなじみのリモコンのカギです。ポケットに入れておけば、近づくだけで自動でカギが開くものやドアノブのボタンを押すだけでカギの開錠ができるというもの。少し離れた所からカギの開け閉めも可能です。

どれも防犯性が高く、カギ穴がないため、ピッキングやドリル破壊を防ぐことができます。

これらの多くの製品に自動施錠機能がついているため、カギのかけ忘れの心配がないこともうれしいですね。

カメラ付きインターホンやライト、防犯ブザーの有効性

玄関のカギ以外の対策としては「泥棒は人に見られたり周りに気がつかれたりするのを常に警戒しています。そのため、センサーでライトが点灯したり、音がするシステムも効果的。またカメラ付きのインターホンなら、扉を開けなくても来訪者を確認できるので安心。さらに、玄関周りの整理整頓を心がけ、見通しの良い状態にしておくことも大切です」(牛山さん)。

玄関ドアの防犯が、こんなにも進んでいたなんてビックリでした。ちなみにうちのドアにカギは2つついているものの、昔ながらのギザギザカギ。またドアとドア枠にすき間もあるので、まずはガードプレートの設置から始めたいと思います。

取材協力:NPO法人神奈川県防犯セキュリティ協会

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事