スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

【人気ブロガーサチさん直伝】いざというときに安心!重要書類の収納術

  • card_18829 _001_r

    取扱説明書は「オモチャ」「キッチン家電」等、ざっくりジャンルで仕分け。

  • card_18829_002

    カテゴリー毎にラベルを貼ったフォルダに入れ、さらにまとめてボックスへ。

  • card_18829_003

    保険書類は被保険者と保険の種類をラベルに記載して管理。

いざというときに必要になる家電の取扱説明書や保証書、役所から送られてきた書類など。普段、読み返すことはほとんどないですが、必要な時、すぐに見つからないと困ります。今回は、探しやすく、取り出しやすい大事な書類の収納方法を、人気インテリアブログ「IEbiyori」を運営するサチさんに聞きました。

家電の取扱説明書は取っておくべき?

「スマートフォンの普及で、家電の取扱説明書も手軽にネット閲覧できる今、わざわざ収納場所をとるのはもったいないですが、わが家ではスペースを決めて、そこに入る分だけは紙としてとっておき、入らない分はPDFで保管しています。紙でとっておいて良かった取扱説明書は、家電より子どものオモチャ。オモチャの電池を換えるときに、どこのネジをゆるめればいいのかパッと思い出せなかったのですが、紙の取扱説明書があったので、すぐに確認できました」(サチさん)

取扱説明書はある程度のジャンルに仕分け

取扱説明書の仕分けで重要なことは「ある程度のジャンルに分けること」(サチさん)。

家中の家電の取扱説明書をフォルダーに分けて収納しています。例えば、エアコンは3台あるので、エアコンのフォルダーを作って1つにまとめたり、オーブンやホームベーカリー、炊飯器などは、キッチン家電としてまとめて、一括で管理するようにしています。フォルダーの見出し部分にジャンルなどを記したラベルを貼ってあり、一目でわかるようになっています」(サチさん)。

取扱説明書類の保管方法、保管場所は? 

取扱説明書は仕分けたジャンル毎にフォルダーに入れ、それらのフォルダーをまとめてファイルボックスに収納しています。経験上、取扱説明書を確認することは年に一度あるかないかくらいなので、納戸にまとめて収納しています。取扱説明書が必要なときは故障等が考えられるため、購入時の保証書も一緒に保管するようにしています」(サチさん)。

その他重要書類はラベルを貼ってファイルケースで保管

 保険に関する書類は、保険の種類と被保険者で分け、ファイルケースに1枚ずつ入れて保管しているというサチさん。「その際、すぐに目的の証書を見つけられるよう、被保険者の名前と保険の種類を記載したラベルを貼り、一目でわかるようにしています。(例:「父・自動車任意」、「長女・学資保険」等々)」。(サチさん)

 

取扱説明書や書類の保管ってちょっぴり面倒に感じますが、しっかり仕分けしておけば、いざというときに助かりそう。必要なときに困らないためにも、このような下準備は大切ですね。

取材協力:サチさん(ブログ / instagram

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事