スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

【人気ブロガーサチさん直伝】家族で使える!下駄箱収納アイデア

  • card_001

    1人1段というルールで収納すれば、靴の間違いや増えすぎ防止に。

  • card_002

    扉の裏のシールフックで、車のキーや掛けるタイプの消臭剤をスッキリ収納。

  • cleaning products and bucket

    靴の入れ替えタイミングは、下駄箱掃除が習慣。ニオイを防ぎ、キレイを保つ。

家族みんなで使うと意外と乱雑になりやすい下駄箱のなか。また、扉を開けたときのニオイも気になります。そこで、人気インテリアプログ「IEbiyori」を運営するサチさんに、真似したくなる下駄箱収納のアイデアと、キレイに保つ掃除のコツを聞きました。

家族で使う下駄箱は、人別収納

「わが家では、季節ごとではなく、人別に収納するようにしています。サンダルやスリッパ、スニーカー、ブーツ等々、履物の種類毎に収納すると、子どもが間違えて自分以外の靴を取り出してしまうということが多かったため、人ごとに分ける収納に変えました」とサチさん。

家族で使う下駄箱は、人別収納

子どもの靴はついつい増えてしまいがち。1人1段にすることで、靴の量を自然とおさえられ、靴の増えすぎを防いでいます」(サチさん)。

種類や季節ごとに収納しがちですが、人別に収納するというのは目からうろこ!! 1人1段という個々のスペースを確保するのは、余分な買い物を防ぐためにも有効な方法ですね。

使用頻度の低いキーは、シールフックで扉裏に収納

下駄箱の扉の裏に、100円ショップで購入したシールフックを貼ってカスタマイズしているというサチさん。

使用頻度の低いキーは、シールフックで扉裏に収納
「このフックに掛けるのは、車のキーや倉庫のキー、そして掛けるタイプの消臭剤です。使う頻度が低いものは、表に出さなくても、扉裏に掛けることで、すっきりと収納することができます」。

扉の裏を活用するというワザ、さっそくマネしたいです!

シーズン毎の入れ替えタイミングで下駄箱も掃除

シーズン毎に子どもの靴のサイズを確認しながら、そのタイミングで掃除もしているそう。「除菌の意味も込めて、除菌スプレーを使ってふきあげ、洗った靴や新しい靴を下駄箱に入れています」。

除菌や消臭、靴をしっかり洗って収納することで、気になる下駄箱のニオイもかなり軽減できるそう。

玄関周りは家の顔とも言える場所。雑然としていたり、嫌なニオイがこもらないように、しっかり掃除しておきたいですね。

取材協力:サチさん(ブログ / instagram

写真:サチさん、Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事