時短も叶える!洗濯機のいろんなコースの使いこなし方

 

最近の洗濯機には、さまざまなコースがついています。複雑すぎてよくわからず、いつもおまかせコースやドライコースぐらいしか使っていないという方が多いのではないでしょうか。そこで、今回は、「パナソニック」ランドリー・クリーナー事業部商品企画の松原克さんに、洗濯機の機能の活用法について聞きました。

洗い時間やすすぎの回数など、自分好みのコースが作れる

「通常の洗濯コースよりも短時間で洗いたい」、「洗うときだけ風呂水を使いたい」、「脱水時間を長めにしたい」と、人それぞれ、洗濯にこだわりはあるけれど、毎回洗濯機の設定をいじるのは、ちょっと面倒ですね。 でも、最近の洗濯機には、運転コースを自分好みにカスタマイズできる機能があるそうです。

洗い時間、すすぎの回数、脱水時間、風呂水使用の選択を組み合わせて、自分好みに設定できます。コース選択2回目以降は、前回の設定内容が記憶されているので、そのままお使いいただけます」(松原さん) ちなみに、パナソニックでは「わたし流コース」と呼んでいるそう。これなら細かく調整できるので、満足できる洗い方ができそうです。

服についた臭いを〈ナノイー〉で「洗わないで」消す!?

飲み会から帰ってきたら、タバコや焼き肉のニオイが、洗えないスーツやコートについていたという経験、ありますよね? とはいえ、クリーニングにしょっちゅう出すのは、大変な出費です。

そんなときに活躍するのが〈除菌・消臭コース〉。これは、〈水洗いできないもの〉を除菌・消臭する機能です。空気中に含まれる水分から〈ナノイー〉という微粒子イオンを生成し、カビ菌やニオイの元に吸着して働きを抑制するのだとか。

松原さんによると、「通常の衣類以外にも、絹などデリケート素材の衣類、ぬいぐるみや帽子、クッションなどの形くずれしやすいものや、スーツ・ジャケットにもお使いいただけます」とのこと。 シワも付けずにニオイも消せるなんて、驚きです!

※除菌・消臭コースのない洗濯機もあります。
※除菌・消臭の仕方はメーカーによって異なります。

洗濯機の機能を知れば、もっと幅広く使いこなせるのだとわかりました。皆さんも、ご自宅の洗濯機の機能をもう一度見直してみませんか?

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事