花粉の侵入は、換気によるものが約6割!花粉の侵入を減らす対策とは?

 

春はスギ花粉が鬱陶しい季節。外出中でなくても、朝起きたらムズムズ、部屋の掃除やベッドメイキングでムズムズ。これって、部屋の中に入り込んでしまった花粉が原因かも。でも、日々のちょっとしたコツで、花粉の侵入は減らせるのだそう。部屋を快適な空間にするため、その方法を調べてみました。

レースカーテンで侵入をブロック

部屋の空気をフレッシュに入れ替えてくれる換気も、花粉の時期は要注意!実は、花粉の侵入の6割は、換気によるものなのだそう。無防備に窓を開け閉めしないことがコツ。やむなく開ける場合も、レースのカーテンは閉めておきましょう。

しかも、換気の際、開ける窓の幅を狭くし、約10cmにするのがベター。また、玄関の出入りも、なるべく迅速にして、ドアを大きく開けない方がいいのだそう。

レースのカーテンを閉めると、窓全開時で約40%、窓の幅を10cm開けた状態だと約75%も花粉の侵入を防げます(花王調べ)。

「クイックル 舞い上がりをおさえるハウスダスト除去スプレー」をスプレーしておけば、静電気による花粉の付着を抑えられます。

服についた花粉は部屋に持ち込まず、払う、振り落とす

残りの4割は、外出から帰った後の服や、外に干した洗濯物への付着によって持ち込まれたものだそう。

付いたものをそのまま部屋の中に持ち込んでしまわないためにも、室内に入る前に振り落としたり、玄関で上着を脱ぎましょう。

  • 服を脱ぐ時…約40%
  • 手で払う…約70%
  • ブラシを使って落とす…約80%
    の花粉が減らせます(花王調べ)。

服の花粉を振り払う際、花粉を吸入しないためにマスクをして行いましょう。

上記を参考に、今日から、花粉の侵入対策をもう1度見直してみませんか?窓の開け閉め時や、洗濯物の取り込み時などしっかり侵入をブロックして、部屋を快適な空間に保ちたいですね。

商品情報

花粉などのハウスダストをミネラル成分で包み込んで固めて、空気中に舞い上がるのをおさえるハウスダスト除去剤

クイックル 舞い上がりをおさえるハウスダスト除去スプレー

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事