スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

タオルや服に黒いポツポツが…!冬も洗濯槽のカビに要注意

洗剤の溶け残り・水分・適度な暖かさがあれば、冬でも洗濯槽にカビが…。洗濯槽の防カビまでできる洗剤で予防を。

冬は気温が低く、日が当たる時間も短いので、洗濯物が完全に乾ききっていないこともあります。そんな生乾きの洗濯物からニオイが発生してしまい、自分はもちろん家族からもブーイングが起きることがありました。しかも、タオルなどにいつの間にか黒いポツポツがついていることも…。
どうやらこのニオイと黒いポツポツの原因は、洗濯槽についたカビや汚れにあるようなのです。今回は、冬でも気をつけたい洗濯槽のカビを予防する方法についてご紹介します。

菌は温度が低い冬でも発生する!

洗濯槽のカビは、空気が乾燥していて寒い冬でも、次の条件が揃えば、発生します。

  • 溶け残りの洗剤など、菌のエサになる汚れがある
  • 菌が生き残るための水分がある
  • 適度に暖かい環境である

たとえば、マンションなど気密性の高い家では、冬でも洗濯機置き場が暖かいことがあるので油断は禁物!洗濯機についたカビのもととなる菌を放置すると、洗濯するたびに衣類にカビのもととなる菌が付着して、タオルや服が臭くなってしまいます。いったいどうすれば解決できるのでしょうか?

防カビ効果のある抗菌洗剤で、洗濯槽のカビ菌を防ぐ

洗濯槽のカビの原因となる菌には、漂白剤を配合した「アタックNeo 抗菌EX Wパワー」の普段使いが効果的。使い続けることで、洗濯槽の裏側で増殖するカビを防ぎ、6か月後までもピカピカに保ってくれるのだそう(※)。さらにこの洗剤を使えば、洗濯水も抗菌水に変わるから、衣類、洗濯水、洗濯槽を全部抗菌してくれます。洗濯洗剤を変えるだけで、カビのもととなる菌を防げるなんて助かりますね。

すでに洗濯槽にカビ・汚れが付着している場合は、「洗たく槽ハイター」で、お掃除してから「アタックNeo 抗菌EX Wパワー」を毎日の洗濯に使えば、カビやニオイを防げます。これで、タオルなどにいつの間にか付着していた黒いポツポツもこれからはしっかり防げそうです。

冬でも、洗濯槽のカビに気をつけたほうがいいというのは、盲点でした。 これからは、毎日のお洗濯に「アタックNeo 抗菌EX Wパワー」を使って、洗濯しながら洗濯槽のケアをしたいと思います。

※新品から継続して使用した場合。すでに付着したカビ・汚れは除去できません。

写真:Thinkstock / Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事