スキー・スノボのアンダーウェアやグローブ、どうやってお手入れするの?

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

スキーやスノーボードは、雪の季節にしか楽しめない期間限定のスポーツ。今回は、アウトドアグッズメーカーの「モンベル」に、スキー・スノボのアンダーウェアやグローブ、小物のお手入れ方法について聞きました。

アンダーウェアのお手入れ方法

ウェアの下に着るアンダーウェア。普通の衣類と同じような洗い方で良いのでしょうか?

モンベルによると、素材によってお手入れ方法が異なるとのこと。まずは水洗いできるかどうか確認しましょう。

家で水洗いできるかどうかは、取扱い表示をチェック。
tearai_ng(新表示は)がなければ家庭で洗えます。

  • 化学繊維の場合…取扱い表示に従って洗い、濡れたまま長時間放置しないようにしましょう。乾燥機は低温がベター。柔軟剤の使用はNGです。
  • ウールの場合…洗剤はおしゃれ着用中性洗剤を使用。濡れたままで長時間ほかのものと一緒に置いておくと、色が移る恐れがあるので注意しましょう。乾燥機の使用はNGです。保管時は湿気に注意し、防虫剤を使用して下さい

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

最初の洗濯は色落ちする場合もあるので、他のものと分けて洗いましょう。

小物類のお手入れ方法

では、キャップやグローブといった小物類のお手入れについてはどうでしょう?

型崩れなどの可能性があるので、洗濯機の使用は避け、30℃以下の水またはぬるま湯で、液体のおしゃれ着用中性洗剤で手洗いしてください。仕上げには、乾燥機やアイロンは使用せず、風通しの良い場所で陰干し。また、漂白剤、柔軟剤の使用は避けてください」とのこと。

グローブは、素材により手入れ方法が異なります。ウール・フェイクファー・フリース素材は、おしゃれ着用中性洗剤で洗えますが、革素材の場合は水洗いできません。

お風呂の残り湯は使わず、30℃以下の水道水を使いましょう。

キャップやグローブなども、素材によっては、自宅で手洗いできるとのこと。意外と汚れやすいアイテムなので、こまめに洗濯しておくと良さそうですね。

取材協力:モンベル

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事