スキー・スノボウェアって洗えるの?簡単お手入れ方法

スキー・スノボウェアは使うたびに洗濯を。取扱い表示を確認し、洗濯液に浸して押し洗いし、軽く脱水したら陰干しに。

冬の楽しみであるスキー、スノボ。毎週のように雪山に遊びに行く人も多いと思いますが、ウェアのお手入れはどうしていますか? 外側の汚れはもちろん、意外と汗をかくので、内側の汚れやニオイなんかも気になります。そこで、アウトドアグッズメーカーの「モンベル」に、スキー・スノボウェアのお手入れ方法を聞きました。

ウェアを長持ちさせるためには、使うたびに洗うのがベスト

そもそも、スキー・スノボのウェアって自宅で洗濯してもよいのでしょうか。モンベルによると「自宅で洗濯は可能です。しかも使うたびに洗濯するのがおすすめ。汗や泥などの汚れが付着したまま使い続けると、カビが発生したり、表面の撥水性が低下したりします。撥水性が低下すると、付着した生地表面の水が織り目を塞ぐため、水蒸気の逃げ道がなくなり、ウェア内部で結露してしまいます」とのこと。
汚れやニオイの問題だけではなく、ウェアの性能にまで影響を及ぼすとは驚きですね

ウェアを洗う前に

自宅で洗濯できるとのことですが、意外とかさばるウェア類。上手に洗濯する方法を「モンベル」に聞きました。
まずは、ウェアについている洗濯表示を確認。(旧表示はてあらい禁止)がなければ家庭で洗えます。撥水加工のものは、洗濯機で洗えないものもあるので、取扱い表示を確認しましょう。洗えないものは手洗いしましょう。

新しい取扱表示の例
正しく理解し、上手に洗濯!「取扱い表示」の見方

ウェアの上手な洗い方

1.洗濯液をつくる
洗いおけや洗濯漕などにウェアがちょうどつかるぐらいの水(30℃以下)を入れて、アウトドアウェア用の洗剤(またはおしゃれ着用中性洗剤)を加えます。

2.ウェアを洗剤液に浸す
ジッパーやホックをしっかりと閉じて軽くたたみ、空気を押し出してから洗濯液に浸します。

ウェアのジッパーやホックをしっかりと閉じて軽くたたみ、空気を押し出してから、洗剤液を入れた洗いおけなどにウェアを浸します。

3.ウェア全体を浸して押し洗い押し洗い
洗濯液の中で、「沈める」「浮かせる」を20回ほど繰り返します。

ウェアを洗剤液に浸している様子

内部に水を含んだウェアを洗いおけから持ち上げないように注意。水圧で生地や縫い糸の破損につながる場合も。

4.脱水
押し洗いが済んだら、洗濯機で軽く脱水。脱水後、さらにウェアを軽く巻き上げて残りの水分を押し出します。

5.すすぎ
脱水後、もう一度キレイな水にウェアを浸し、押し洗いと同じ方法で2回すすぎ、水が濁らなくなるまで十分にすすぎを繰り返します。

6.脱水
ウェアのジッパーを開いて洗濯機のドラムに沿わすように置き、短時間で脱水を行います。

乾燥

7.乾燥
2~3日陰干しして完全に乾かします。

撥水スプレーの使い方

乾燥させてから全体に薄く均一に吹きつけます。乾燥したら、同じ工程を4~5回繰り返します。
大量にスプレーすると、撥水剤が液ダレし、無駄になるので注意しましょう。また、シミになる場合があるので、目立たないところにスプレーしてから、使用しましょう。

ちょっと手間はかかりますが、クリーニングに出すとかなり高額になってしまう場合もあるため、自宅で洗濯できるのはうれしいですね。

スタッフバッグはNG!スキーウェア・レインウェアの適切な保管方法
長持ちさせるには、保管はどうすれば良い?

取材協力:モンベル

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事