放っておくと怖い!? 40歳以上の約2割が経験している『頻尿』って何?

 

尿に関するトラブルを抱えている女性は少なくないと言います。特に、最近は頻尿に悩む女性が増えているとか。そこで、女性医療クリニック・LUNAグループ理事長の関口由紀先生に頻尿について聞きました。

骨盤底筋がゆるむと、少ししか尿がたまっていなくても出したくなる

関口先生によると「頻尿とはトイレに行く回数が増えることで、頻尿になるおもな原因は、骨盤底筋のゆるみです。本来、ある程度膀胱に尿がたまると脳が指令を出し、膀胱が収縮して排尿するのですが、骨盤底筋がゆるむと、膀胱に尿が十分たまる前に脳が尿意を感じてしまい、少ししか尿がたまっていないのにトイレに行きたくなる」のだそう。

昼間9回以上、就寝時に2回以上トイレに行く人は頻尿!?

昼間は9回以上、就寝時は2回以上トイレに行く人は頻尿と判断されます。日本では、40歳以上の人の2割程度が頻尿になっていると考えられるそうです。

昼間だけ頻尿、就寝中だけ頻尿、昼間も就寝時も頻尿という3つのパターンがあり、どのタイプになるかは人によって異なります。

排尿回数が増えても、夜眠れない、不安で外出ができないなどの支障がなければ、頻尿と考えなくてもOK。

また、1日3~4回しか尿意を感じなかった人が1日6回トイレに行くようになり、生活に支障が出ている場合も頻尿と判断されます。  

単に水分のとり過ぎでトイレの回数が増えていることも…

関口先生によると、「排尿回数が増えたから即、頻尿とも言えない」とか。
飲む水分量が増えれば、当然、排尿回数も多くなるからです。頻尿が気になる人はトイレに行った時刻と出た尿量、飲んだものの種類と量、尿意を感じたときの様子を記録してみるといいそう。2~3日続けると、単に水分のとり過ぎなのか、頻尿なのかがわかりますよ。

1日にとる水分の目安は夏が2L、それ以外の季節は1~1.5L。それ以上は飲み過ぎと考えましょう。  

最近、昼間のトイレの回数が増えたのが気になっていたので、私は昼間に頻尿になるタイプなのかも。水分もよくとるほうなので、排尿記録をつけてみようかなと思います。

取材協力:女性医療クリニック・LUNAグループ理事長 関口由紀先生

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事