洗濯ネット「使う」「使わない」では大違い!アイロンがけがラクになるシャツにするコツ

 

ワイシャツのアイロンがけって手間がかかりますよね。面倒だから、ついクリーニング店にお願いしてしまうというご家庭も多いのではないでしょうか。 でも、実は洗濯時に洗濯ネットを使うだけで、アイロンがけがラクになるんです。今回は、洗濯ネットを「使う」「使わない」で、ワイシャツのシワを比較してみたいと思います。

絡まり防止だけじゃない洗濯ネットのスゴイ効果

摩擦による衣類のダメージ防止、からまり防止、糸くず付着防止などの効果がある洗濯ネット。軽く畳んでネットに入れれば、洗濯シワも防ぐことができます。

ワイシャツの洗濯に適しているのは、目が粗く、角型で薄いの洗濯ネットです。

襟や袖口の汚れ、食べこぼしのシミがある場合は、「ワイドハイター EXパワー ガンコなシミ用」などの部分用の衣料用漂白剤をスプレーしてから、ボタンを留め、汚れている部分を外側にしてたたみ、洗濯ネット(角型で薄い)に入れます。

ネット入りa

同じ素材のワイシャツをもう1枚用意し、こちらは洗濯ネットなしでそのまま洗ってみます。

ドラム入りa

脱水時間が長いほどシワが! ワイシャツなら30秒が目安

洗濯シワがつきやすいのは脱水のときで、時間が長いほどシワができやすくなるのだそう。ワイシャツなら30秒(形状記憶加工のワイシャツなら15秒)が目安です。

IMG_2663a

脱水時間を手動で最短に設定します。終了したら、ワイシャツだけを取り出し、残りの洗濯物を、再度脱水のみ設定すればOK。

※機種によっては、脱水の最短時間が30秒より長いものがあります。その場合は、洗い・すすぎで止まるように設定し、再度脱水のみ設定して、30秒たったところで取り出します。 

大きなシワは軽くふりさばき、小さなシワはパンパンと叩いて干す

脱水後はすぐに洗濯機から取り出し、大きなシワはふりさばき、小さなシワは 両手でパンパンとたたいて伸ばします。

襟や前立て部分、ポケット、袖口のシワが目立ちやすい部分は、軽く引っ張ってシワを伸ばしておくとアイロンがけがラクになります。

さて、乾いたあとのシワを比較してみましょう! 

white

やはり、洗濯ネット「なし」(写真左)のものは、袖や脇など、細かい部分のシワが気になります。

洗濯ネット「あり」(写真右)のものは、襟やポケット部分がキレイに仕上がっていますね。アイロンをかける時には、かなりの時短になるのではないでしょうか。ぜひ試してみてくださいね。

商品情報

ガンコなシミ汚れも手軽に落とす泡で出るスプレータイプの衣料用漂白剤(部分用) 酸素系

ワイドハイター EXパワー ガンコなシミ用

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事