【イラスト解説】シワを防ぐ洗濯ネットの使い方

【イラスト解説】シワを防ぐ洗濯ネットの使い方

おしゃれ着や下着を洗濯ネットを使って洗った時、うまくいかなかったことはありませんか?私は以前、デリケートなニットを四角形のネットにざっくり入れて洗ったところ、シワができてがっかりしたことがあります。そこで今回は洗濯ネットの使い方や便利な活用法について、家事アドバイザーの毎田祥子さんに聞きました。

洗濯ネットのサイズに合わせて衣類をたたむ

毎田さんによると「サイズが大きすぎるネットを使って洗濯すると、ネットの中で衣類が動いてしまい、かえってシワが多くついてしまうことも。シワが気になるものやニットは、ネットの大きさにぴったりになるようにたたんで入れましょう」とのこと。

基本はネット1枚に衣類1着ですが、ネットに複数の衣類を入れる場合は、パンパンに入れると汚れ落ちが悪くなってしまうので、7割程度をこころがけましょう。

アイテム別!汚れを落としやすくするたたみ方とは?

<トップス・ワンピースのたたみ方>

ボタンを留め、裾、左右の身ごろ、袖の順に、ネットのサイズに合わせて折りたたみます。首周りや背中の上部は、汚れ・臭いがつきやすい部分なので、たたんだ袖が重ならないようにしましょう。

<ボトムスのたたみ方>

ファスナーやボタン、ホックを閉じ、ネットのサイズに合わせてじゃばら折りに。じゃばら折りにすることで、洗剤が衣類の内側にも回りやすくなります。

<スーツのズボンのたたみ方>

ファスナーやボタン、ホックを閉じ、ネットのサイズに合わせて、3つ折りか4つ折りに。じゃばら折りにせず、たたみ込むことでシワを防ぎます。折り目が乱れるため、裏返しは禁止!

<ブラジャーのたたみ方>

2つに折りたたんで専用の丸いネットに入れます。

装飾のついた衣類は、裏返して

スパンコールやラインストーンなどがついているデリケートな衣類も、取扱い表示に(旧表示はsentakukitearai2)のマークがあれば、洗濯機で洗うことができます。

洗えるものなら、ボタンやファスナーを閉じて裏返してネットに入れ、おしゃれ着用洗剤を使用して洗いましょう。

このとき洗濯ネットは、傷み防止効果の高い、細かい網目のものを使うのがおすすめです。

汚れ落ち重視なら、ネットを使わない方が良いことも

毎田さんによると、シワより汚れやニオイを落とすことを重要視する場合は、ネットなしがおすすめだそうです。

ワイシャツは必ずネットを使わないと…と思っていましたが、そんなこともないんですね。

「ネットなしで洗うと、どうしてもシワになりやすくなるため、脱水を短くし、ハンガー干ししましょう。洗濯物の重みでシワが伸びるので、ネットに入れて洗ったときよりもキレイに仕上がることもあります」(毎田さん)

洗う時だけじゃない!意外な洗濯ネットの活用法

最後に洗濯ネットの意外な活用法について、ご紹介します。

・洗濯物の日よけや目隠しに

・ピンチハンガーで四方を留めてセーターの平干しハンガー代わりに

・旅行のときの小分け袋に

デリケートな衣類は、とりあえずたたんでネットに入れさえすればオッケー、と思っていましたが、今後はネットのサイズに合わせてたたむことを意識して、大切な衣類を守りたいと思います! 

取材協力:家事アドバイザー 毎田祥子さん

イラスト:かわぐちまさみ

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事