次の衣替えがラクラク!ニット・セーター、冬物衣料のお手入れ方法

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

家族がいると、お洋服は人数分。シーズンごとの衣替えは1日がかりになってしまうことも。だけど、いざ収納ボックスを開けてみると、ニットやセーターは毛玉だらけ&油やけしたようなニオイ…出した側からお手入れするハメに(泣)。どうしたらスムーズに衣替えできるのでしょうか。今回は、その方法をご紹介します。

シーズン中の毛玉予防&しまう前のケア

摩擦により、繊維の先端が毛羽立ち、絡んで丸まってしまうのが毛玉。

繊維がこすれやすい脇の下、袖の内側やバック等があたる部分は特にできやすく、洗濯中の摩擦でもでできてしまいます。これを予防するには、着用後、ニット全体に洋服ブラシをあてて、毛羽の絡みを整えておくことが重要。

また、洗濯時には、ニットを裏返し、ネットに入れて洗うなど、摩擦を抑える工夫をしましょう。

洗剤は毛羽立ちも抑えるおしゃれ着用洗剤「エマール」を使いましょう。

毛玉取り器は生地の繊維を傷めてしまうのでおすすめできません。ハサミを使って、丁寧にカットしましょう。

黄ばみ&ニオイを防ぐ洗い方・干し方

洗濯後に起こるニットのトラブルとして多い「黄ばみ」の原因は日焼け。また、ニオイは洗剤の落とし残しによるものです。とくに日焼けは繊維が色あせしてしまうこともあるので要注意。それらを防ぐための正しい洗い方をご紹介します。

まず、洗濯物の絵表示をチェック

sentakukitearai2(新表示は)があれば、水洗いOK。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

ニットの正しい洗い方

1.ニットをたたんでネットに入れ、おしゃれ着用中性洗剤を使って、洗濯機のドライコースで洗います。手洗いの場合は30℃以下の水でやさしく押し洗いをしましょう。

初めて洗う場合は必ず色落ちテストをしましょう。目立たない箇所に洗剤の原液をつけて5分ほど置き、白い布等で押さえます。色落ちした場合はその洗剤の使用は控えて。

縮みを避けるために、ウールやカシミアは必ず30℃以下の水で洗いましょう。温かい風呂の残り湯は40℃前後の場合が多く、縮みの原因になるので使用しない

2.いずれの場合も仕上げに柔軟剤を使い、洗剤が残らないよう、しっかりすすぐことがポイントです。

柔軟剤は、毛玉や静電気を防いでふんわり仕上げてくれます。

3.脱水したら、洗濯物を縦横ふたつにたたみ、叩いてシワをのばします。さらに広げて軽く叩きながら形を整えます。

のびてしまわないよう平干ししましょう。

日光による黄ばみや色あせを避けるために必ず日陰に干ししましょう。

4.アイロンがけは、たっぷりスチームを出しながら、浮かせがけするとふっくら仕上がります。

型崩れ&シワを防ぐたたみ方

クローゼットの中にお洋服をぎゅうぎゅう詰めにするのはシワや型崩れのモト。一着一着の形を揃えてたたみ、全体的に余裕を持たせた収納を心掛けましょう。そのためのポイントをご紹介します。

A4の上質紙を使う

ニットやセーターをたたむ際にA4の上質紙に合わせて折り返すと、形を統一できます。収納ボックスを縦に置き、上からたたんだものを入れていくと、シワや型崩れを防いでまとめてしまうことができます。

不織布のギフトバックに詰める

編み目が大きくかさばるものは、100均などで購入できる不織布のギフトバックに丸めてしまいましょう。引き出しの中で場所を取るのを防げるほか、ホコリもしっかり防げます。

衣替えの内容自体を見直す

衣替えの際、クローゼットに入っている春物、秋物を残して、夏物、冬物だけを入れ替える。つまり、今まで年4回行っていた衣替えを2回にします。これは、手間が省けるだけでなく、季節の変わり目に着る服をスムーズに見つけられるのでおすすめです。

実は、この記事で調べたことを参考にして、実際に冬物を収納してみました。衣服を無理矢理詰め込まないので、クローゼットの中が落ち着いた印象になり、見た目もすっきり。家族全員のお洋服のお手入れが随分ラクになりました。次の衣替えが楽しみです。

商品情報

色あせ・型くずれを防いで、ニオイ・汚れをしっかり落とす

エマール リフレッシュグリーンの香り

抗菌センサー効果でニオイ菌の増殖を防ぐ柔軟剤

ハミングファイン リフレッシュグリーンの香り

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事