ニオイや雑菌が気になる! 水筒・スポーツボトルの正しい洗い方

 

わが家では、家族全員水筒を愛用していますが、それらを洗っていて、気になるのは茶渋やニオイが残ってしまうこと。では、いったいどのようにケアしたらいいのでしょうか?水筒の有名メーカー「サーモス」に聞いてみました。

使い終わったら、その日のうちに洗おう

使用後は飲料物の成分が残らないよう、その日のうちに食器用中性洗剤を含ませたスポンジやボトルブラシでキレイに洗いましょう。そして流水でよくすすいだあと、十分に乾燥させてください」(サーモス)。

飲料物の成分が残ったままだと、ニオイ移りや雑菌が増殖することも。さらにステンレス鋼が腐食してサビたり、保冷・保温性能不良の原因となることがあります。

キャップユニットやパッキンなど外せるものは、しっかり外して洗いましょう。

洗いにくいストロー部分には、市販のストローブラシを使うのがおすすめです。

茶渋やニオイが気になるときの洗い方

「通常のお手入れで汚れやニオイが落ちない場合は、台所用酸素系漂白剤を使いましょう。ぬるま湯に規定量の酸素系漂白剤をよく溶かして、本体を入れます。約30分放置し、その後、洗ってよくすすぎましょう」(サーモス)。

パッキンには塩素系漂白剤も使用可。カビが生えてしまった場合には漂白してみましょう。しかし、パッキンや飲み口部分は消耗品なので、1年を目安に交換するのがベター。

漂白剤を使う時は、密閉しないこと。本体の内圧が上がり、中せんが飛び出す危険があります。

本体には塩素系の漂白剤は使用しないでください。サビや保温・保冷性能不良の原因となります。

カバーも水洗いOKだから、いつでも清潔

スポーツボトルのボトルカバーは、丸洗いできます。外で使用することが多いスポーツボトルは、ホコリまみれになることも多いので、簡単に洗えるようになっています。

このお手入れは、水または30度以下のぬるま湯での手洗いが基本。洗ってもすぐ乾く素材、洗った後にふいてすぐに使えるジャケットタイプの製品もあります。これらはボトルをガードするのにも適していますし、デザイン面でのアクセントにもなっているんですよ」(サーモス)。

子どもが水筒を野球のバッグから出し忘れることもよくあるので、毎日出してもらって洗わないとな~と改めて思いました。ボトルカバーもすぐに土まみれになってしまうので、丸洗いできるのは助かりますね。ニオイが気になった時には、酸素系漂白剤を試してみたいと思います。

取材協力:サーモス

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事