6畳の部屋が広く見える!プロが教える模様替えのコツ

目につきやすい高さ(ゴールデンライン)には物を増やさず、小物は左→右に色の濃淡をつけてディスプレイしましょう。

実家暮らしの私の部屋は6畳で、広さは10m²弱。一人の時間を過ごすには十分な広さですが、雑然としてちょっときゅうくつに感じていました。もっと開放感のある居心地のいい空間にしたい!と模様替えを決意。IDÉEのVMD・小林夕里子さんに「部屋を広く見せる模様替え」のコツをお聞きし、実践してみました。

「部屋を広く見せる」模様替えポイントは3つ

模様替え前の部屋は、こんな状態。ベッドカバーの赤色が目立つのと、カーテンの色が少し浮いています。また、本棚には本が隙間なく、いっぱいに入っている状態です。そんな部屋をどうやって広く見せたらよいか、小林さんにうかがうと、3つのコツをあげてくださいました。模様替え前の部屋は、こんな状態

<部屋を広く見せるコツ>

  1. 「ゴールデンライン」を意識する
  2. 「色の効果」を利用する
  3. 「左から右へ」「上から下へ」のディスプレイ

これらをふまえて、この部屋を模様替えを実践していこうと思います。

まずは部屋の「ゴールデンライン」を決める!

小林さんによると、まずは「ゴールデンライン」を決めたほうがよいとのこと。「ゴールデンライン」とは、目に入りやすい高さのことを指す言葉で、普段自分が部屋のどの場所で長く過ごすかにより変わります。

例えば私の場合、休日、部屋にいるときはソファ代わりにベッドに座ってテレビを観たり本を読んだりすることが多いので、ベッドに座ったときの目線の高さ120cmあたりが、ゴールデンライン。ちょうどテレビ画面ぐらいの高さになります。

読みかけの本やリモコンを置いているテレビ台

よく目につくこの高さに物や色が増えると雑然として狭い印象を与えてしまうそうなので、テレビ台に置いている本やリモコンは片づけることにしました。

カーテンとベッドカバーは同系色で落ち着いた印象に

次に大事なのが、「色の効果」を利用すること。色の比率は、部屋の印象を大きく左右するのだそう。特に、部屋の中でも大きな割合を占めるカーテンとベッドカバーは、同系色にすると統一感のある落ち着いた雰囲気にできるとのこと。そこで、まずカーテンを壁に合わせ、白色系統のものにかけ替えました。 カーテンの色を利用して、部屋を広く見せる

さらに、ベッドカバーは少し茶色がかった、アイボリーに変更。家具や床の色が茶系なので、白い壁と茶色い家具の中間のアイボリーを入れることで、部屋に一体感が生まれました。ベッドカバーは少し茶色がかった、アイボリーに変更。

かけ替えたカーテンやベッドカバーは、「リセッシュ 除菌EX」などの布用消臭剤でケアしましょう。イヤなニオイがないことも部屋の印象をアップさせます。

ディスプレイは「左から右へ」「上から下へ」に配置

最後に部屋の外に出していた小物をディスプレイします。人の目の動きは、自然と左から右へ、上から下へと動くので、それを意識して物を配置することで、心理的にも視覚的にも落ち着いた空間になるそうです。

そこで本棚の本や小物は、左に小さなものや色の薄いもの、右にいくにつれて大きなものや色の濃いものを置くように。また、上の方に軽めのもの、下の方に重めのものを配置します。いちばん上の段には本を置かないで、お気に入りの小物を飾りました。また、何冊か好きな本の表紙が見えるように置くことで、かなり印象が変わりました。

本棚の本や小物は、左に小さなものや色の薄いもの、右にいくにつれて大きなものや色の濃いものを置く

いちばん上の段には本を置かないで、お気に入りの小物を飾りました。

以前の部屋よりも、すっきり広く見えるようになりました。模様替え前と比べると、きゅうくつさが少しやわらいだ気がして、今後もリラックスして過ごせそうです!

取材協力:IDÉE

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事