洗ってもタオルがくさい…。ニオイの原因と対策は?

 

柔軟剤のいい香りの奥に、なんだか生乾きのニオイがする」という経験ありませんか?衣類に汚れや菌が残っていると、いくら香りの良い柔軟剤を使っても、生乾きのニオイがよみがえってしまうそう。今回は、「ニオイ戻りしない」洗濯テクについて調べてみました。

ニオイの原因は、菌と汚れ

何度洗っても、干しても、洗濯物からするニオイ。その原因は落としきれていない汚れや、菌なのだそう。特に室内干しの際や、湿度・気温が上がる夏場には、菌が繁殖しやすくなります。

乾いた後、すぐには感じなくても、時間が経つと生乾きのニオイがする「ニオイ戻り」の対策には、洗濯で菌と汚れをしっかり落とすことが重要です。

しっかりと除菌し、汚れを落とすためには?

ワイドハイター EXパワーをプラス

いつものお洗濯の際、洗剤と一緒に酸素系漂白剤「ワイドハイター EXパワー」を洗濯機に投入すると、洗剤だけでは落ちない汚れやニオイまですっきり。しっかり消臭すると、柔軟剤の香りまでひきたちますよ。さらに抗菌成分で菌の増殖も防いでくれます。

 

洗い方を見直してみよう

洗剤や漂白剤を活用しても、洗い方が間違っていると汚れや菌を十分に落とすことはできません。ニオイを防ぐ洗濯の基本ポイントもおさえておきましょう。

  • 洗濯物をつめこみすぎないようにする
  • 洗剤は適量を守る
  • すすぎは風呂の残り湯を使わず、必ず水道水を使用

さらに、干し方の工夫で完璧!

湿った洗濯物は、菌が繁殖しやすい状態なので、なるべく早く乾かしてしまうのが重要。外に干す時も、室内干しでも、以下のポイントをおさえるとより速く乾かすことができますよ。

  • 洗濯物の間は、にぎりこぶし1個分すきまを空けて、風通しをよくする
  • 室内干しなら、扇風機やサーキュレーターを活用して、洗濯物が早く乾くように風を当てる

強い香りの柔軟剤でごまかそうとしていましたが、やはりニオイの原因は、元から断ち切ることが重要。「ニオイ戻りしない」洗濯テクでしっかり汚れや菌を落としたうえで、香りを楽しみたいですね。

商品情報

洗剤だけでは落ちない汚れ・ニオイの元までディープクレンジングする衣料用漂白剤(濃縮タイプ) 酸素系

ワイドハイター EXパワー

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事