水漏れやパイプの詰まりを予防! 定期的にやっておきたいケアとは

 

水道や排水口の水漏れや詰まりは、ある日突然発生します。それらを防ぐために日頃からできることはあるのでしょうか。今回は、水道の工事や修理で定評のある「クラシアン」に、水漏れや詰まりを予防するお手入れ方法について聞きました。

トイレは常に清潔に掃除し、異物は流さないこと

便器周りをしっかりキレイにし、ついでにタンクの中もチェックして、器具が劣化していないかなども確認しましょう。

「ナプキンやおむつなどの異物は詰まりの原因になりますから、絶対に流さないようにしてください」(クラシアン)。

キッチンの排水口には、残飯を流さないよう配慮して

残飯は三角コーナーや不織布袋などを利用し、排水口へ流さないようにしましょう。「排水周りの器具は掃除しながら、劣化していないかも確認します。パイプクリーナーは詰まってから使うと、さらに詰まりがひどくなるケースもあるので、定期的に使いましょう。またパイプクリーナーの使用後は、出来るだけ沢山のお湯を流し続けてください」。

浴室周りや屋外の排水口は、詰まる原因を徹底的に取り除いて

浴室や洗面所の詰まりの原因は、主に髪の毛です。ネットなどを使って流さないようにしましょう。また屋外の水道の排水部分には、枯葉やゴミが詰まりやすいのでこまめに除去しましょう」。

キッチンと同様、定期的にパイプクリーナーを使って、詰まりを予防しておくことも大切です。

「トイレタンクや蛇口など、器具の経年劣化は避けられませんが、通常の使い方と掃除をしていれば、大きなトラブルにはなりにくいと思います」(クラシアン)。

私もこまめに掃除&器具の劣化確認をしていこうと思います!

取材協力:クラシアン

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事