少ない服をヘビロテ! 旅先でのカンタンお洗濯術

ボディソープなど、ホテルにあるものを使ってさっと手洗い。タオルを使ってしっかり脱水すれば、部屋干しでも乾かせます。

「旅行には最小限の洋服しか持っていきたくない!」という人におすすめなのが、「洗濯」です。その日着た服は、その日のうちに洗ってしまえば荷物も少なくて済みます。今回は、講演などの仕事で長期宿泊が多いパーソナルスタイリストの久野梨沙さんに、旅先での洗濯のコツについて聞きました。

ホテルではサッと洗ってきちんとした洗濯は帰宅後に

ご自身も宿泊先のホテルの部屋でよく洗濯をする、という久野さん。ホテルで洗濯、と聞くとなんだか大変そうですが、久野さんいわく「慣れてしまえば意外と簡単。汗をかいた程度なら、入浴時にお湯で流すだけでもさっぱりします」とのこと。本格的な洗濯は帰ってから自宅でと割り切り、旅行の間、快適に過ごせるように手軽なお洗濯をするのだそう。

皮脂汚れが気になるときや、シミがついてしまったときは、ボディソープを活用するのが久野さん流。これならわざわざ洗剤を持っていったり、旅先で探す手間もかかりません。

その他、ハンカチや下着などの小物類は、「ファスナー付きポリ袋に水、ボディソープとともに入れて振る」という洗濯法も!これはキャンプなどでも使えそうですね。

ホテルの部屋で手洗い…脱水はどうするの?

さて、手洗いの場合は脱水がポイントになります。軽くしぼったあと、タオルで挟んでしっかり水気を吸い取りましょう。水切れの悪い厚手のTシャツなどは、タオルで挟んで上から踏めば、水気をしっかりと吸い取ることができます。

お風呂場の換気がイマイチ。おすすめの干し場所って?

干す場所にも意外なコツがあります。

「お風呂場に干しがちですが、換気がいいホテルばかりではありません。それよりも、ベッドのある場所に干すほうが、お肌や喉の乾燥対策にもなるので、おすすめです」(久野さん)

具体的に部屋のどこにどうやって干せばいいのでしょう?

<久野さんのおすすめの干し方>

・洗濯物をハンガーにかけ、ドアノブにひっかけて干す

・洗濯物をハンガーにかけ、クローゼットを全開にして中に吊るして干す

・カーテンレールからカーテンレールに洗濯ロープを渡し、洗濯物を干す

・椅子を二脚並べ、洗濯ロープを渡して、洗濯物を干す

あると便利な洗濯ロープは、フックつきのものを。100円ショップで入手可能です。準備できなければ、ビニール紐で代用できます。

旅先で洗濯することを考えると、乾きやすい素材の服を選ぶのも大切。吸水速乾性の素材は、乾きも早いので旅行におすすめです」(久野さん)

 旅先ではさっと洗って、持ち帰ってしっかりお洗濯。このメリハリが、旅行上手&洗濯上手のポイントです。ぜひ参考にしてみて下さいね。

取材協力:パーソナルスタイリスト 久野梨沙さん

写真:Thinkstock / Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事