汚れやすい白スニーカーの素材別ケア方法

キャンバススニーカーはこまめに手洗いするのがコツ。レザーやスニーカーは、靴用クリームを使ったお手入れが重要。

オシャレな人がこぞって履いている白スニーカー。でも、白いだけに汚れが目立つのが玉にキズ……。そこで、今回はコンバースフットウェア株式会社の島沢智晴さんに、白スニーカーの素材別ケア方法について聞きました。

キャンバス素材のスニーカーをキレイにキープするコツ

いちばんなじみのあるものといえば、やっぱりキャンバス素材のスニーカー。 島沢さんによると、キレイをキープするコツは次の3点とのこと。

  • 汚れがひどくならないうちに、こまめに洗濯をする
  • キャンバススニーカーを洗う際は、手洗いする
  • 毎日同じスニーカーを履かず、いろいろな靴とローテーションする

なるほど! こまめな手洗いが大事なんですね。さらに、具体的な手順についても教えていただきました。

キャンバススニーカーの洗い方

  1. 外側についた泥や砂を叩いて落とし、40℃以下の温水か常温水で軽く水洗いする。
  2. 気になる汚れがあるときは、スプレータイプの部分洗い用洗剤をスプレーして、靴用ブラシでこすっておく。
  3. 手洗い用の濃度に薄めた洗濯液に靴を入れ、つけおき洗いする。内側にも汚れがある場合は、靴用ブラシを使って洗う。
  4. すすぎは十分に行い、風通しの良い日陰に立てかけ、よく乾燥させる。

一方、洗うときに気をつけたいのはこの3点。

  • 熱湯は使わない
  • 白スニーカーには無蛍光洗剤を使用する
  • 型崩れや繊維組織を傷つける原因になるので、洗濯機はNG

面倒くさがりの筆者は、今まで洗濯機で洗っていました……。以後気をつけます!!

レザーやスエードスニーカーのお手入れ方法

キャンバス生地のスニーカーのケアの次は、水洗いが難しいレザーやスエード素材。どのようにしてお手入れしたらいいのでしょうか?

  • 新品のスニーカーを下ろす前に、靴用クリーム(無色)を塗っておくと、汚れがつきにくくなる
  • 汚れが気になったら、こまめに落とすことが大事。軽い汚れなら、靴用ブラシでブラッシングするだけで落とせる
  • レザーやスエードの専用靴クリームで汚れを落とすことも可能

「汚れがひどくなると落としにくくなってしまうので、こまめにメンテナンスしましょう」(島沢さん)。

せっかくの白スニーカーも、汚れてくすんだ状態では、魅力も半減してしまいます。島沢さんのアドバイスにもあるように、「汚れはこまめに落とす」を意識して、いつまでもキレイな状態をキープしたいものですね。

取材協力:コンバース

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事