デニムを長持ちさせるための干し方、3つのポイントとは?

お気に入りのデニムを長く履くためには、日々のお手入れが大事。今回は干し方のポイントを、プロに聞いてきました!

株式会社エドウイン・お客様相談担当の作山浩一さんによると、デニムを傷めない干し方のコツは下記の3つ。

1. 直射日光は避ける

思わぬ色あせが発生し、お気に入りのカラーが台無しになることも。

できれば裏返しにしてパンツハンガーに吊るし、風通しのよい日陰に干しましょう。

履き口を広げて干せるハンガーや洗濯ばさみなども役立ちます。

2. 乾燥機はNG

楽ちんだからといって乾燥機を使ってしまうと、縮みのきっかけに。

せっかくのシルエットが、ぴちぴちになってしまいます。

できるだけ自然の風を使い、短時間で乾かせるとベターです。

3. 乾いてからも風通しのよい場所に

よく乾燥させるのはもちろんですが、保管も風通しのよい場所がおすすめ。

ハンガーにかけておいたり、クローゼットにしまうとしても、できるだけ戸を閉め切らない工夫をしたりしたほうがよいでしょう。

 

取材協力:株式会社エドウイン

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事