醤油・バターetc… 「お早めに」っていつまで? 開封後の賞味期限[調味料編]

 

調味料には賞味期限が書いてありますが「開封後はお早めに」とあります。一体いつまでに消費すれば大丈夫なのでしょうか。食品保存マニュアル『大切な食べものを無駄にしない本』を出版している「ベターホーム協会」の松田佳子さんに聞きました。

賞味期限・消費期限が過ぎたときの、食べられる目安とは?

食品の賞味期限や消費期限は、未開封で適切な保存をした場合にのみ有効です。

加工食品のうち、約5日以内に悪くなる食品についているのが消費期限で、比較的傷みにくい食品についているのが賞味期限です。

消費期限は過ぎたら食べないほうが無難。

賞味期限はおいしく食べられる期限なので、1日過ぎたからといって急に品質が落ちるわけではありません。数日程度なら、期限が過ぎてもむやみに捨てず、加熱するなどして食べましょう。ただし、メーカーが品質保持をする期間を過ぎたら、あくまで自己責任で判断しましょう。

ただし変色や形状の変化がある、ベトついている、いつも違ったニオイがする、少し口に入れるといつもとちがう味がする、などの場合は食べないほうがいいでしょう。また見た目が大丈夫でも、食中毒の原因になる細菌が増えている可能性も。

まずは買いすぎや食べ忘れをなくし、なんでも早めに食べきるようにしましょう。

しょうゆは約1ヶ月で使い切り、しょうゆさしはつぎたさない!

次に主要な調味料の賞味期限と保存法について、まとめてみました。

基本の調味料

  • しょうゆ…開封後、冷暗所か、夏は冷蔵庫で保管し、開封後、約1ヶ月で使い切ります。しょうゆさしの中身をつぎたすと雑菌が繁殖するので、なくなったら一度洗って乾かしてから、次を入れるようにしましょう。
  • 酢…賞味期間約2年と保存がききます。開栓後は冷暗所か、夏は冷蔵庫へ入れて保存を。
  • みりん…暗く温度変化の少ない場所で、開栓後は数ヶ月で使い切ります。冷蔵すると結晶しやすいので避けましょう。アルコール分のない、みりん風調味料は冷蔵保存します。
  • 酒…暗く温度変化の少ない場所で保存し、夏は冷蔵庫へ入れて、開封後2、3ヶ月で使い切ります。

  • 味噌…開封後、空気にふれる部分から乾燥して固まり、変色し、風味がとんでおいしくなくなってしまうので、袋なら口をしっかりしめて密閉容器へ。容器なら表面にラップをしてからフタをすると安心です。
  • 砂糖…賞味期限の表示義務がないほど長持ちし、少し黄色くなっても使えます。虫がわくことがあるので密閉容器に入れ、温度や湿度の変化が少ない場所で保管しましょう。
  • 塩…長く持ちますが、湿気を吸うと固まりやすいので、密閉容器で日のあたらない湿気の少ない場所で保管を。ぬれた手やスプーンでさわらないようにしましょう。
    その他、主な調味料
  • バター…開封後、酸化によって風味が落ちやすいので、しっかり包んで約2週間以内に使い切ります。
  • 油…サラダ油・ゴマ油・オリーブ油ともに、しっかりふたをして、高温と光を避け、開封後1〜2ヶ月で使い切りましょう。缶入りの油はアルミホイルなどでふたをして、ホコリを避けて。
  • マヨネーズやケチャップ…開封後は冷蔵し、約1ヶ月で使い切りましょう。
  • チューブ入りのわさび、ショウガ、ニンニクなど…風味がとばないよう開封後は冷蔵し、約3ヶ月以内に使います。
  • 片栗粉、小麦粉、パン粉…湿気や虫、ニオイがつきやすいので、開封後は密閉容器やポリ袋に入れて冷暗所へ。ホットケーキミックスやお好み焼き粉などのミックス粉は冷蔵庫へ。生パン粉は密閉して冷凍すると長持ちします。

粉類は、かびがはえたり、虫がわいたりしたものは使わないようにしましょう。見た目は変化がなく見えても、開封後は酸化がすすみますので、早めに使い切ることが大切です。

わが家の場合、バターは数ヶ月冷蔵庫に入れっぱなしだったり、しょうゆさしは継ぎ足し続けていたので、これからはしっかり保存、早めに使い切りたいと思います!

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事