「ジュースクレンズ」をおうちで♪ ジューサー選びのポイントは?

 

デトックスや美肌づくりに効果アリと話題のダイエット&健康法、「ジュースクレンズ」。おうちで実践してみたい!という方のために、ジューサーの選び方やレシピのポイントについて、日本初のベジタリアン・マガジン「veggy」編集長の吉良さおりさんに聞きました。

素材の栄養を逃さず絞る低速ジューサーを使用

1日1〜2食をジュースに置き換えるだけ、という手軽さが魅力なジュースクレンズですが、何か気をつけることはあるのでしょうか?

ポイントはジューサー選び。ミキサーでは食材の繊維が残り、消化器官に負担がかかってしまうので、ジューサーを使いましょう。〈コールドプレス製法〉といって、酵素などを壊さずに絞れる低速ジューサーがおすすめです」(吉良さん)。

吉良さんおすすめの低速ジューサー

野菜や果物の栄養素をしっかり搾ることができる毎分90回の低速回転で、新鮮なジュースを簡単に作れる「ベジフル」が吉良さんおすすめとのこと。

veg_image01a

商品情報

株式会社ゼンケン オンラインショップvikura「ベジフル

果物や野菜、いろいろな組み合わせにトライ!

ジューサーが用意できたら、あとはジュースを絞るだけ♪ 

りんご、梨、パイナップル、みかんなど水分の多い食材をベースに2〜3種類を組み合わせるのが作りやすいよう。ローズマリーやペパーミントなど、ハーブを少量入れても風味よくできます。

吉良さんのおすすめは、小松菜、りんご、レモンの組み合わせ。解毒を促す緑の野菜にフルーツを加えることで、デトックス効果がバッチリありながら、さわやかで飲みやすいジュースに仕上がります。

「毎日同じ組み合わせでは栄養が偏ってしまうので、果物や野菜を毎日少しずつ変えましょう」(吉良さん)。いろいろ試して、オリジナルジュースのレシピが増えていくのも楽しそうです♪

我慢するダイエットではなく、ほどよい甘さのおいしいジュースをたっぷりいただけるダイエット。これなら無理なく続けられそうですね!

取材協力:雑誌「veggy」

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事