本格的なジメジメシーズンの前に。お風呂のカビ予防&退治方法

 

私の嫌いな家事の1つがお風呂掃除です。よって、仕事が忙しくなるとつい掃除をサボりがりになり、床や壁などにカビが発生してしまいます。そんなズボラな私でも簡単にカビ退治、そして予防できる方法があると聞き、さっそく試してみました。

カビが発生してしまったら強力カビハイターで除去

浴室を見回すと、壁や床のタイルの目地などに黒カビを発見! 浴槽の下の目地はこんなことに。 

浴槽の下の目地はこんなことに

イスの脚の部分にも!! ひえー!ここまでなるまでほっておいた自分に自己嫌悪。

イスの脚にもカビ

発生してしまったカビは、「強力カビハイター」で徹底的に除去しましょう。

「強力カビハイター」を使う時は、換気をしっかり行うことが大切。換気扇を回してから掃除を開始します。

使い方はとってもカンタン。カビ汚れにシュシュとスプレーして、約5~20分おくだけ。

カビ汚れに「カビハイター」をシュシュとスプレーして、約5~20分おくだけ

「強力カビハイター」を使用する際は、薬剤の飛散を防ぐため、炊事用の手袋、メガネ、マスクなどを着用すること。

カビの上を汚れが覆っていると効果が出にくくなるので、お掃除の後、乾いた状態で使うと効果的。

手ごわいカビだったので、20分置きましたが、目地下の浴槽に発生していた黒カビは大方落ちました。

目地下の浴槽に発生していた黒カビは大方落ちました

イスの脚についていた黒カビもキレイさっぱり。

イスの黒カビもすっきり

カビは発生する前に予防するのが肝心

調べてみると、お風呂のカビ予防は、湿気対策とこまめな掃除がポイントだそう。

具体的には、入浴後は窓を開けたり、換気扇を回してしっかり換気をすること、そして、浴室用洗剤を使って汚れを落とすことです

また浴室に多いクロカビは、発生すると落としにくいため、小さなカビを発見した時点で掃除をすることが大切とのこと。そういった意味でも、「カビが発生してから」ではなく、日々のお手入れが肝心なんですね。

毎日のお掃除は、スプレーして流すだけ

そして、毎日のお手入れは「バスマジックリン 壁の防カビプラス」を使います。使い方はいたってカンタン。浴槽全体をシャワーなどで濡らしてから、シュシュっとスプレーし、20~30秒おいてから水で流すだけ!皮脂や湯垢などの汚れが気になる場合は、スポンジなどで軽くこすればOK。

「バスマジックリン 壁の防カビプラス」をシュッ

バスマジックリンは、浴槽内だけでなく、床や壁、洗面器、イスなどにも使えます。

イスにもシュッ

流した後の水切れは抜群。これならカビの発生をしっかり防いでくれそうです。

「バスマジックリン」なら毎日のお風呂掃除はとてもカンタン&短時間でできて、ズボラなワタシでも続けられそう。「強力カビハイター」で今まで溜めたカビを除去した後は、もう復活させないように、毎日「バスマジックリン」をシュッシュッして、快適なバスタイムを過ごしたいと思います。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

壁や床のタイルの目地まで、カビをしっかり落とす。

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事