シンクに放置していたらイヤなニオイが!ふきんを清潔に保つ洗い方

湿ったふきんは、菌の温床、ニオイの原因に! 1日の終わりに台所用漂白剤のうすめ液に2分つければ「除菌・消臭」完了!

シンクにふきんを置いていたら、いつの間にかイヤなニオイが! 毎日使うふきんを清潔に保つ方法をご紹介します。

用意するもの

  • 台所用漂白剤(塩素系)
  • ゴム手袋
  • 洗い桶(プラスチックのボウルでも可)

台所用漂白剤は必ず製品の側面に書かれている「製品の使い方と使用上の注意」をよく読んでから使いましょう

台所用漂白剤で菌にサヨナラ

ふきんを湿ったまま放置すると、菌の温床に。水洗いだけで除菌はできないので、一日の終わりに台所用漂白剤を使って洗浄・除菌しましょう。

<ふきんの除菌・消臭方法>

  1. 洗い桶に水を入れ台所用漂白剤を溶かし入れて、うすめ液を作る。
  2. うすめ液に2分ほどつけ置きする(漂白は30分)
  3. よくすすいで十分に乾かす
  • 台所用漂白剤を使う時は、ゴム手袋の着用を忘れずに。
  • 塩素系漂白剤は、漂白力が強く脱色してしまうことがあるので、色柄物のふきんにはNG。

清潔&長持ちするふきん選びのコツ

油断すると菌の温床になるふきんは、こまめに洗って清潔を保つことが大切。長く清潔に使えるふきんを選ぶポイントは、5つあります。

  • 吸水性がよい
  • 乾きが速い
  • 丈夫で洗濯に強い
  • ケバ立ちにくい
  • 汚れが目立ちやすい色

今回紹介したふきんの除菌を毎日の習慣にすることで、不快なニオイに悩まされることもなくなるはずです。

商品情報

キッチンハイター

写真:Thinkstock / Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事