毎日使うメイク道具をキレイに! 正しいお手入れの方法は?

毎日使っているのに、ついお掃除を忘れがちなお化粧道具。

だけど、スポンジやブラシが汚れていると化粧のりが悪くなったり、肌へ余計な負担をかけてしまう原因になるのだとか。

お化粧道具の洗い方についてご紹介します。

 

スポンジ・チップは中性洗剤や専用クリーナーで

ベースメイクに使うスポンジやさまざまな場面で活躍するチップは、油分の汚れが多いとのこと。

食器用洗剤などの中性洗剤を水に溶かして、もみこむように洗いましょう。

汚れ具合によっては直接洗剤をつけてもOK。

洗ったあとは丁寧にすすぎ、陰干しをします。

すすぎが足りなかったり、日差しが強いところに干すと硬くなってしまうので注意が必要。

スポンジは専用クリーナーを使ってもいいでしょう。

 

パフはスポンジ用専用クリーナーではなく、中性洗剤で

ファンデーション用などのパフも、基本的には同様に洗えばOK。

しかし、パフは複数の素材を組み合わせて作られているため、スポンジ用などの専用クリーナーは使わないのが無難です。

素材同士をくっつけている接着剤が剥がれてしまい、パフが使えなくなる場合があります。

 

ブラシは使用用途や素材をチェックして洗う

汚れが溜まりやすいブラシは、中性洗剤で振り洗い。

リップブラシは食器用中性洗剤、チークブラシはおしゃれ着用中性洗剤などと洗剤を使い分けるのもいいでしょう。

洗ったあとは丁寧にすすいでから形を整え、陰干しします。

毛を束ねている糊が剥がれる可能性があるので、こちらも専用クリーナーは避けるのがベター。

また、動物の毛などでできているブラシは、自然の脂を取りすぎると毛先が広がったり感触が変わってしまうことがあるので、あまり頻繁に洗剤で洗わず、ティッシュなどで優しく拭くのがおすすめです。

写真:Thinkstock / Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事