生ゴミのニオイを発生させないコツ

生ゴミのニオイを防ぐには、水気を切ることが大事。生ゴミ処理の後は三角コーナーや排水口もしっかり洗うこと。

すぐに臭ったりコバエがわいたりする夏場の生ゴミ対策は本当に大変。ゴミのニオイを発生させないコツを、ハウスキーピング協会の嶋野美紀子さんに聞きました。

いちばんのポイントは水気をしっかり切ること

夏場の生ゴミ対策は本当に大変です。ゴミのニオイを発生させないコツを、ハウスキーピング協会の嶋野美紀子さんに聞いたところ、生ごみ処理でいちばんのコツは、水気をできるだけ切ることだそう。

腐ったり、嫌なニオイがしてくるのは、水分が多いから。ゴミの収集が少ない場合、数日家に放置されるわけですから、できるだけ水気を切って菌の繁殖やニオイの発生を抑えましょう」と嶋野さん。

生ゴミを乾燥までさせるのは無理ですが、よく絞り水気を切ってから捨てることが大切です。

こまめな処理を習慣づけよう

生ゴミの処理は毎日するのが基本です。

夕食の片づけの最後には、生ゴミの水気をしっかり切って、新聞紙で包んだり、牛乳パックに入れたりしたものを、ポリ袋に入れて捨てましょう。

そしてそれを大きなゴミ袋をかぶせたフタつきのゴミ箱などにいれておけば、ニオイはかなり抑えられるはず。

また、ゴミを処理した後は、三角コーナーや排水口もしっかり洗いましょう。ぬめりが残ったままだと、カビやニオイの原因になります。

「キッチンのシンクに三角コーナーを置いておくと、ある程度ゴミがたまるまで、そのままにしてしまいがち。ですが、夏場はすぐに嫌なニオイがしてきますし、コバエがわく原因にもなります。

三角コーナーはカビなどが生えにくい銅製のものがおすすめ。また、100均などの安価な三角コーナーを使うなら、消耗品と考え1ヵ月程度で替えるというのも、衛生的にはおすすめです」(嶋野さん)。

うっかりすると、すぐに生ゴミを放置してしまうので、これからの季節は本当に気をつけたいものですね。

取材協力:ハウスキーピング協会嶋野美紀子さん

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事