スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

ワイシャツから透けないインナー選びのポイントは?

透けにくいのはベージュやグレーのインナー。また襟もとや袖に折り目があるものも透けやすいので避けましょう。

素肌に直接ワイシャツを着るのは抵抗があるけれど、インナーがワイシャツから透けて見えるのもちょっと…と、夏のインナー選びを悩む男性が多いのでは?そこで、スタイリストの渋谷有紀さんに、男性向けインナー選びのポイントを聞きました。

実は、白いインナーは透けやすい!

白いシャツに白いインナーを合わせるのは、いちばん透けやすい組み合わせなんですよ」と渋谷さん。同系色だから透けないというわけではないようです。

いちばん透けにくいのはベージュですが、ベージュはチラッと見えてしまったときにダサいのが難点。シャツのボタンを開けるなど、胸元が見えやすい人にはグレーもおすすめです。グレーはほんのり透けますが、白シャツ&白インナーほどの目立つ透けはありません」(渋谷さん)。

袖口や裾などのデザインをチェック

さらに、透けにくいインナーを選ぶには、インナーの細かなデザインにも注目する必要があるのだそう。

「ヘム(袖口や裾など、衣服や布の端を折り返した部分)の具合は大切です。生地が厚く、ヘムをパイピングのように折り返してあるものだと、凹凸が目立ち、インナーの主張が強くなります。コットン100%でふっくらした生地より、ポリエステルなどの薄地で、ヘムが目立たないものが透けないと思います」と渋谷さん。

透けやすいインナーはこんなデザイン
実際に着用してもこんなに透け具合が違う!

濃いブルーやストライプが狙い目

最後に、透けにくいワイシャツの色や柄選びについて聞きました。

「前述のように、白シャツ&白インナーは透けが目立ちやすいです。また、薄いブルーなども透けやすいので注意。白や薄いブルーのシャツを着るときは、ベージュかグレーのインナーを着用しましょう。また、濃いブルーやピンク、ストライプなどは、インナーが透けにくい色柄です」(渋谷さん)。

さらに、半袖のシャツを着る場合はノースリーブのインナー、ノーネクタイでボタンを開けて着る場合は深めのVネックにするなど、インナーがワイシャツからチラ見えしないように気を配ることも大切とのこと。

インナーが透けていないだけで、爽やかで清潔感のある印象になります。暑い時期でもスタイリッシュな着こなしを目指したいですね。

取材協力:スタイリスト 渋谷有紀さん

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事

{{post.title.rendered}}

  • StepItem.StepImage.title

    {{StepItem.StepText}}

  • {{StepItem.StepText}}

  • {{QuestionItem.question}}

{{post.acf.cardview_text}}

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

{{post.acf.ShopLink_Text}}

オンラインショップ