ニオイすっきり、シワなく仕上げる!ウォッシャブルスーツの洗い方

洗濯ネットを使ってエマールで洗い、上着は厚手のハンガーにかけて自然乾燥することで、シワなくきれいに仕上がります。

朝から帰宅するまでずっと着ているビジネススーツ。頻繁にクリーニングに出せず、汚れやニオイが気になるという方も多いはず。最近一般的になってきた“洗える”スーツは、自宅で洗濯できてとても便利ですが、実際に洗うときはどんなことに気をつければよいのでしょうか。

洗濯前に、絵表示を確認

まずはスーツの裏地についている絵表示を確認します。自宅で洗えるマークは下記の通り。

(旧表示:洗濯機 てあらい

洗剤はおしゃれ着用洗剤を選ぶ

洗剤は、「エマール」などのおしゃれ着用洗剤を選びます。初めて洗うときは、スーツの裏側などの目立たないところに洗剤の原液をつけて5分放置し、白い布で押さえます。もし色落ちするようであれば、単独で手早く洗います。

洗濯機は「ドライコース」を選び、「脱水時間」は短めに設定

襟・袖・パンツの裾など汚れの気になる部分が表側にくるようにたたみ、型くずれしないように、洗濯ネットへ入れておきます。

洗濯機は「ドライコース」を選び、「脱水時間」は短めに設定

洗濯機のコースは、「ドライ(手洗い・ソフト)コース」を選びましょう。お風呂の残り湯は使わずに30℃以下の水道水で洗います。

アイロンが楽になる、シワになりにくい干し方のコツ

洗濯が終わったらシワがつかないように、すぐに洗濯機から取り出して干します。シワや縮みの原因になるので、乾燥機の使用はNG。

スカート、ズボンはピンチハンガーでつって干しましょう。ジャケットは手のひらで軽く叩いてシワをのばして、厚手のハンガーにかけるのがシワになりにくい干し方のコツです。

アイロンが楽になる、シワになりにくい干し方のコツ アイロンが楽になる、シワになりにくい干し方のコツ

アイロンは小ワザでキレイに仕上げ

乾いたら、シワが気になる部分だけでもアイロンをかけると仕上がりが違います。シワがつきにくいように、裏地→表地の順でアイロンをかけていきます。アイロンがけしにくい肩や袖の部分は、筒状に丸めたバスタオルを内側にあてましょう。丸みに沿って、アイロンを軽くかけると立体的に仕上がります。

ポイントさえ押さえていれば、普段の洗濯とほとんど同じ方法で洗えることがわかりました。自宅でキレイに洗えると、クリーニング代の節約にもなりますね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事