汚れも汗臭も!クリーニングに出せないときのスーツのお手入れ方法

洗えないスーツのニオイや汚れは、毎日のブラッシングと「リセッシュ 除菌EX プラス デオドラントパワー」で解決!

帰宅後の旦那さんのスーツをハンガーに掛けたとき、汗のニオイが気になることがあります。さらに、クリーニングが間に合わないときや替えのスーツを持っていかない出張に限って、飲み会でタバコや食事のニオイが染み付いてしまうことも…。そこで今回は「洗えないスーツ」のニオイと汚れのケア方法を、うちの旦那さんのスーツで、実際に試してみることにしました。

日ごろのササッとお手入れ

帰宅後のちょっとしたお手入れで、スーツの持ちは変わるそう。まずは、型崩れしないように厚手のハンガーにかけて、風を通します。そして、洋服ブラシで上から下へササッとブラッシングして、繊維に積もったホコリや汚れを落としていきます。

洋服ブラシで上から下へササッとブラッシングして、繊維に積もったホコリや汚れを落としていきます

ホコリを落としたら 「リセッシュ 除菌EX プラス デオドラントパワー」をスーツ全体にスプレー。

男性の汗やタバコのニオイをターゲットにした心強い味方で、繊維の奥まで浸透し除菌・消臭してくれるのだそう

※初めて使うときは、目立たないところ(スーツの内側など)にスプレーし、シミ・色落ちがないか確認を。

スーツ全体にスプレーします。このとき、10~20cm離して、スーツ全体が軽く湿る程度が目安です。同時に、手でシワをのばします。

「リセッシュ 除菌EX プラス デオドラントパワー」をスプレー

「リセッシュ 除菌EX プラス デオドラントパワー」は、男性の汗やタバコのニオイをターゲットにした心強い味方で、繊維の奥まで浸透し除菌・消臭してくれるのだそう。

汚れが気になるときは…

洗えないスーツの襟まわりや袖口などの汚れが気になる場合は、 水を含ませてから固く絞ったタオルで丁寧に拭き、風通しのよい日陰でハンガー干ししましょう。

洗えないスーツの襟まわりや袖口などの汚れが気になる場合は、 水を含ませてから固く絞ったタオルで丁寧に拭き、風通しのよい日陰でハンガー干ししましょう

今回使用したリセッシュは、ほのかなライトシトラスの香り。香りが強すぎないので、強い香りが苦手なうちの旦那さんにも好評でした。男性のスーツはもちろん、学生さんの制服にもぜひ試してみてください。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

これ1本で、汗やタバコのニオイをしっかり撃退!

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事