夏休みに子どもと遊びたい♪2015最新 手持ち花火カタログ

 

夏休みの遊びの定番といえば花火。花火大会もいいですが、庭などで、家族や友達と手持ち花火をワイワイやるのも楽しいですよね。今回は、子どもと楽しめる「最新 手持ち花火」について、老舗の花火メーカー「オンダ」に聞きました。

最大70秒の燃焼時間!「ロング花火」シリーズ 

一般的な手持ち花火は燃焼時間が15~20秒程度なのに対し、「ロング花火」シリーズは新開発の火薬を用いて、40秒から最大70秒の燃焼時間を実現。加えて変色回数も多く、40秒で5変色、50秒で6変色、60秒7変色、70秒では10変色!  L-LL表a 燃焼時間が長いぶん、いろんな色を楽しめるので、やりごたえが充分に感じられ、大人が点火して子どもに渡してあげてもゆったり遊べて安心です。

またシャッターチャンスもたくさんあり、ベストショットや動画をSNSや YouTube等に投稿しやすい、といったメリットもあります。

商品情報

オンダ「ロング花火シリーズ」(432~2,160円)

摩訶不思議!水の中でも消えない「水中金魚花火」

40年前に一世を風靡した、幻の花火を復刻。水の中でも消えない不思議な花火として人気です。水中で赤い光がゆらめく様子は、炎の金魚が泳いでいるようで幻想的です。

水中金魚はなび01

なぜ水の中で消えないのかと不思議に思う子どもに対し「この花火は酸素を作っているから…」と教えてあげることで、親子のコミュニケーションに。子どもの化学への興味を持つきっかけにもなると思います。

商品情報

オンダ「水中金魚花火」(162円)

イチゴ、チョコ…子どもが大好きな香りがする「においの花火」シリーズ 

手持ち花火の「ヒゴ」に香料を染み込ませ、パッケージを開封するとリアルな香りが漂います。香りはイチゴ、カレー、チョコ、メロンソーダの4種。

hanabi01a

花火燃焼中および燃焼後は、顔と近づけると危険です。火薬のニオイのほうが強く、香りは負けてしまいます。香りは花火着火前に楽しみ、着火後は火花を楽しむようにしましょう。

商品情報

オンダ「においの花火シリーズ」(各108円)

他にも、煙の量を減らし、むせにくく撮影しやすい「煙が少なめ花火」や、コミカルな動きの「たこおどり」(一番上の写真)も人気。また昔から親しまれている線香花火、ねずみ花火、へび花火、煙幕、ロケット花火、パラシュート花火なども根強い人気を保っているそう。アラフォーの私も、今年は6歳、1歳の息子と童心に帰って楽しみたいと思っています。

取材協力:オンダ

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事