効果的に節水できる、かんたんテクニック ~キッチン・洗面所編~

猛暑の影響で、各地では水不足の声も……できるだけ不要な水は使わないように心がけたいものですよね。

ちょっとしたコツを押さえれば、ぐっと節水が可能! 

今回は、キッチンや洗面所ででできるテクニックを紹介します。

食器洗いは“油汚れ”の処理に注目

普段何気なくしている洗い物も、少し気を遣うだけで節水が可能。

まず、油汚れのない食器から洗い始めるのが鉄則です。

スポンジに油がついてしまうと汚れが拡散して、すすぎに余計な水が必要になってしまいます。

食器や鍋に残った油汚れや食べ物は、古い布やキッチンペーパーでオフ。

同様に、油汚れのついたお皿は重ねないこと。

こびりついた汚れは水を張ってつけ置きしておくこと。

汚れを流水で洗い落とすのは、最後の手段にとっておきましょう。

すすぎは洗い桶を活用

洗い流す際には、洗い桶に溜めた水で一度洗剤を落としてから、次に流水で。

すすぐ時間が短縮できます。もちろん、使わないときはこまめに水を止めるのをお忘れなく!

自動食洗機を持っている人は、手洗いよりも節水になるので積極的に使いましょう。

少量で何度も動かすより、ある程度貯めてからまとめ洗いをするといいですね。

水はくんでおく・こまめにストップがカギ

洗顔や手洗い、歯みがきはついつい水を出しっぱなしにしてしまう要注意シーン。

こまめに水道をストップするだけで十分節水になります。

水流も、はねるほどの勢いは不要なので、鉛筆一本程度の太さを目安にして流すといいでしょう。

歯みがき後に口をゆすぐ水も流しながら汲むのではなく、初めからコップに一杯汲んでおくと◎です。

暮らしの中でできる節水を考えてみよう

いっしょにeco ちょっとの工夫で、もっと快適

写真:Thinkstock / Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事