洗濯時に出来る「節水テクニック」で電気代も節約!

  • 洗濯はお風呂の残り湯を使用

  • 詰め込みすぎないように、まとめて一気に洗う

  • 濃縮洗剤を使って、すすぎは1回で済ませる

洗濯には、お風呂の残り湯を使おう!

節水のために、お風呂の残り湯で洗濯をしている人は多いはず。「洗い」の時に残り湯を使うのはもちろん大正解!でも、「すすぎ」には、必ず水道水を使いましょう。残り湯をすすぎで使うと、せっかく洗剤で汚れを落としたのに、残り湯に含まれる汚れや雑菌が洗濯物についてしまうことがあるからです。

「洗い」でも、残り湯のニオイや菌が気になる時は、除菌、抗菌効果のある洗剤を使うのがおすすめ。

さらに、衣料用漂白剤や抗菌効果のある柔軟剤を使用するのも◎。

まとめ洗いで効率アップ!

少量ずつ何度も洗うより、なるべくまとめて一気に洗いましょう。節水だけでなく電気代の節約にもつながります。でも、詰め込み過ぎはNG!汚れが落ちにくくなったり、すすぎが不十分になったりする可能性もあります。洗濯物の量は、洗濯槽の八分目までを心がけましょう。

濃縮洗剤を使って「すすぎ」は1回に!

何度もすすぎにかけていては、せっかくの節水が台無し。すすぎが1回で済む濃縮洗剤を使えば、さらに節水できます。節水だけでなく、洗濯時間の短縮によって電気代も節約できますよ。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事