子どもたちに水を大切にする習慣を! エコ日記で節水にチャレンジしてみました

自由研究のテーマは「節水」でおうちエコ

夏休みも中盤。キャンプにプール、海水浴とワクワクがいっぱいで子どもたちは大喜びだけど、そろそろ始めておきたいのが自由研究です。

うちの娘はまだ小1。「幼いなりに楽しく取り組めるテーマは何かな」と娘と相談して決めたテーマが「水を大切にすること」。

今のうちからエコ意識を少しずつ持ってほしいという思いもありました。

といっても自由研究の計画をゼロから立てるとなるとかなり大変。

そこで「エコが毎日ムリなく続けられ、習慣となるように」と作られた夏休みの自由研究に使える便利なキット「いっしょにエコ日記(おうち用)」を使うことにしたのです。

何をどうエコするかで6つのコースから好きなものを選べます。

「節電」とか「ごみ削減」とかも気になりましたが当初の計画通り、「節水」コースに挑戦することに。

エコタグを持って家を「探検」

まずはエコタグづくりから。

プリントアウトした用紙からエコタグを切り抜き、ペタンと表裏を貼り合わせます。

パチンと穴をあけて輪ゴムを通せば四角いエコタグのできあがり!

娘も切り抜きと輪ゴム通しをがんばってくれましたよ。

じょうろにもエコタグ取り付け

じょうろにもエコタグ取り付け

 

家族みんなが目に付く場所にエコタグを取りつけます

家族みんなが目に付く場所にエコタグを取りつけます

ちなみに、エコタグに書かれているのは「シャワーはこまめに止める」「トイレは大と小を使い分ける」「水をためて顔を洗う」「コップにくんで歯みがきをする」―の子どもでもできる4つの「お約束」と、家族が協力する「食器はためすすぎをする」「『すすぎ1回』で洗濯をする」の全部で6つ。

「ほかに何ができるかな?」と相談して、「じょうろの水はお風呂から」を「発見エコタグ」として追加しました。

「発見エコタグ」は自分で書き込みます

「発見エコタグ」は自分で書き込みます

できあがった7個のエコタグを持ったら、どこで節水できるのか、一緒に家の中を「探検」。

家の中を回って、家族みんなが見やすい、目立つ場所にエコタグを取りつけていきます。

お風呂や洗面所など水に濡れやすいところではエコタグが濡れないようにペットボトルに入れて置くことにしました。

エコタグが濡れてしまいそうな場所はペットボトルに入れて

エコタグが濡れてしまいそうな場所はペットボトルに入れて

1日の終わりは親子で「エコ日記」

こうして始まったエコ日記生活。

まだ3日目ですが、自分で設置したエコタグの効力はなかなかのもの。

エコタグの近くにいくたびに「お約束」を読みあげて確認。

「ママ、食器はためすすぎしてねー」「すすぎは1回だからね!」とママの節水にも厳しい目を光らせてくれています(笑)。

寝る前には1日のエコの成果を振り返ります

寝る前には1日のエコの成果を振り返ります

寝る前には「エコ日記」でその日のがんばりを親子で振り返り。

できたエコの分だけ日記に色を塗れるのがとてもうれしそうな娘。

親子の共同作業っていいものだなって思いました。

ちなみに私の方の節水目標は、水道使用量を昨年比で5%以上減らすこと。

夏の終わりにどんな成果がまっているのか、いまから楽しみです。

自由研究提出用の表紙もつくりましたよ!

自由研究提出用の表紙もつくりましたよ!

 

夏休みの自由研究に使えるキット!

いっしょにエコ日記」おうち用

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事