フローリングやテーブルの傷は自分で補修!便利グッズ3選

  • card_24916_1

    持っていると安心!浅いキズは筆ペンタイプで気軽に補修。

  • card_24916_r

    木部の凹み・えぐれはセットのコテでスティックを溶かしてキズを埋める。

  • gleenmata

    テーブルにはあらかじめ保護マットを敷いて、キズからガード。

小4と幼稚園年長の娘がいるわが家では、自由研究や工作、絵画、ポスター作りと、はさみやカッターを使う作業が多く、気がつくとフローリングやダイニングテーブルにはキズが…。 気にはなるけれど、プロに頼むほどではない。そんなときに便利な、補修グッズをご紹介します。

浅いキズは筆ペンタイプで手軽に補修

カッターによる切りキズや、家具の移動などでついた浅いキズの補修にぴったりなのが「住まいのマニキュア」。筆ペンタイプなので、初めての人でも簡単に使えます

浅いすりキズは筆ペンタイプで手軽に補修

使ってみたところ、先端が細いので、傷の部分からハミ出すことなく塗れました。色が薄いときは、重ね塗りで調整できます。

10色セットで、どんな色合いにも対応できるのがうれしいです。

商品情報

建築の友「住まいのマニキュアミニ10色セット」(2,376円)

凹み・えぐれは、スティックを溶かしてキズを埋める

溶かして使うスティックの補修剤は、凹みやえぐれたキズの補修にぴったり。コードレスタイプの電池式コテをはじめ、4色のスティック、スクレーパー(付属の赤ヘラ)など補修に必要なアイテムが揃ったセットです。

木部のえぐれや凹みキズは、スティックタイプで溶かして埋める!

試してみると、溶かしたワックスを穴に埋めるのは意外と簡単!15秒程度で固まるので、スクレーパーで削って平らにすれば、キレイに補修できます。

失敗しても何度でも溶かして、やり直せるのがいいですね。仕上がりもかなり自然です。

商品情報

キャンディルデザイン「イージーリペアキット ダーク」(3,580円)

キズが気になるテーブルは保護マットでガード

子どもに「気をつけて!」と言っても、カッターや彫刻刀、油性ペンのインクはついてしまうもの。

工作やDIYを室内で楽しむときには、キズやシミを防ぐため、あらかじめデスクマットを敷きましょう。リビングで作業するときにも、床やテーブルにマットを移動させて敷いておけば、安心ですね。

商品情報

マイカウネット「デスクマット 半透明/中厚 下敷付 600×450」(1,532円)

キズが気になるテーブルは保護マットでガード

テーブルやフローリングに、思いがけず凹み傷がついてしまうと気持ちも凹んでしまいますが、こうしたグッズがあれば安心ですね。 

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「子どもがつけた汚れや傷を解決」のおすすめ記事