おうちクリーニングでキレイをキープ!毛布やブランケットを自宅で洗う方法

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

あたたかい毛布は冬の必需品。いつもキレイでフワフワの毛布で眠りたいものですが、大きな毛布はなかなか乾きにくいし、洗い方がよくわからないから、シーズンおわりのクリーニングだけ、という人もいるのでは?でも実は、「エマール」を使えば、自宅で簡単に洗えるのだそう。花王株式会社「エマール」担当の中橋佑花さんに聞きました。

毛布は本当におうちで洗えるの?

毎年毛布はクリーニングに出していましたが、中橋さんによると「エマールを使って、おうちで水洗いすると、汗の汚れやニオイがスッキリしますよ」とのこと。本当に洗えるのでしょうか?

エマールは、水道水中の塩素をキャッチし、色あせを防ぐ効果があります。また、摩擦によるダメージを軽減する『繊維潤滑成分』により、毛羽立ちやゴワゴワ感を防いでくれるので、毛布洗いにはぴったりの洗剤なんです。ドライコースでやさしく洗っても、洗浄成分が繊維の奥まで浸透して、ニオイや汗をスッキリ落とします」と中橋さん。

人は冬でも寝ているときにコップ1杯の汗をかくといいます。その汗やニオイを毛布がたっぷり吸っているのでは?これはこまめにケアしたいもの。さっそく私も自宅で毛布を洗ってみました!

まずは洗濯絵表示のチェックから

「洗濯機マーク」sentakuki (新表示は) または「手洗いマーク」tearai (新表示は)がついていたら水洗いOK!

tearai_ng (新表示は) がついていたら洗えないので、要注意。

絵表示が「洗濯機マーク」sentakuki (新表示は) のみの場合は大物コースや毛布コース、「洗濯機コース+弱水流マーク」「手洗いマーク」tearai (新表示は) の場合は、ドライコースを選んで洗濯するのがおすすめです。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

シミ汚れへの対処法

シミや汚れがある場合は、エマールの原液を直接毛布につけ、軽くたたいておきます。

毛布のシミ汚れの取り方

屏風だたみをして洗濯機へ

毛羽立ちや毛並みの乱れを防ぐため、洗濯機のサイズに合わせて、タテ・ヨコの順に折り(屏風だたみ)、汚れている部分を外側にして大きめの洗濯ネットに入れます。

毛布の洗い方

「エマール」を洗濯機に入れて、洗います。

毛布の洗い方

厚手で大きく、乾きにくい毛布は、M字干しで解決!

毛布は大きくて厚いので、そのまま干すとなかなか乾きません。洗濯竿を2本使ってM字型に干すと、風の通りがよくなり乾きやすくなります。

毛布の干し方

今回は、3時間程度で乾いてしまいました!洗濯物の乾きづらい冬場でもこの方法なら安心して干せますね。

洗濯したあとの毛布は、ニオイも取れ、肌触りも最高。睡眠の質も上がりそうです。これからは定期的に自宅で毛布を洗濯しようと決めました。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

これ1本で、毛布も自宅で洗濯できちゃうんです。

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事