簡単、キレイ!毛玉・縮み・型くずれとサヨナラするニットの洗い方

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

冬は毎日のようにお世話になるニット。私もお気に入りのニットをたくさん持っていますが、お手入れ方法に頭を悩ませています。実は、自宅で洗って縮んでしまった失敗から、クリーニングに頼りっきりという人も多いのでは?私もそのひとりです。そこで、今回は花王株式会社「エマール」担当の中橋佑花さんに、毛玉にならないニットの洗い方について聞きました。

ズバリ、毛玉を作らない方法とは?

洗濯を続けると、どうしても出来てしまう毛玉。作らないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

「それは、洗濯ネットに入れ、洗濯ダメージを防ぐ洗剤で洗うことです」と中橋さん。「そもそも毛玉は、生地の毛羽同士が絡まることにより発生するもの。エマールなら、洗浄時の毛羽立ちを防ぐので、毛玉ができにくくなります。また、お気に入りの服の縮みや縫い目のゆがみ、ヨレを防いで、ふわっと仕上げることが可能です」。

今までお気に入りのニットは、洗うと毛玉やヨレが心配で、すぐに洗わずに消臭スプレーで乗り切っていましたが、洗ってもダメージを防いでくれて、しかも汗やニオイがスッキリとれるなら、おうちでこまめに洗おうという気になりました。それでは、さっそく洗ってみましょう。

絵表示チェック

まずは取扱い絵表示をチェックしましょう。

「洗濯機マーク」sentakuki (新表示は) または「手洗いマーク」tearai (新表示は)がついていたら水洗いOK!

tearai_ng(新表示は)がついていたら洗えないので、要注意。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

ニットをキレイに洗うポイント3つ

  • 色落ちが心配なら、エマールの原液を目立たないところにつけ、 5分後に白い布で軽く押さえ、色がついたら単独で洗います。
  • 濃い色の衣料は、他のものに色移りすることがあるので、必ず単独で洗いましょう。

画像23a

  • 汚れやシミがある場合は、「エマール」の原液をつけ、軽くたたいておきます。また、洗濯ネットを使うと、毛玉やヨレができにくくなります。

毛玉にならないコツは洗い方にあり

洗濯機に「エマール」を入れ、「ドライコース」でやさしく洗います。

画像25a

「エマール」なら、服の縮みや縫い目のゆがみ・ヨレを防いでくれますし、毛玉まで防止。だからニットを洗濯機で洗ってもダメージを防止できるんです。

お風呂の残り湯は使わず、30℃以下の水道水で洗いましょう。

ニットの型崩れしにくい干し方

脱水後はすぐに取り出し、手で軽くたたいてシワをのばします。濃い色の場合は、日焼けによる色あせを防ぐために陰干しにしましょう。

伸びを防ぐために、ピンチハンガーの上で平干しするのがおすすめです。

IMG_4622a

袖などを畳んだ状態で干すと、より型崩れを防止できます。

生地が重なった部分は乾きが悪くなるので、裏表を変えながら干しましょう。

今回洗濯したのは毛足の長いニットだったのですが、本当に毛玉ができず、キレイに仕上がりました。このやり方を早く知っていれば!と悔やまれますが、これでニットの洗濯に自信がついたので、持っているほかのニットもじゃんじゃん自宅で洗濯したいです。

商品情報

色あせ・型くずれを防いで、ニオイ・汚れをしっかり落とすおしゃれ着用中性洗剤

エマール リフレッシュグリーンの香り

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事