1年の汚れを改めて落としたいお風呂掃除のコツ

 

わが家はマンション住まいで浴室に窓はなく、そのため毎晩のお風呂の後には、しっかり換気することを心がけています。しかし、風呂掃除に関しては、家事や育児に忙しく、浴槽のヌメリや汚れを洗う程度。必要最低限しかできていません。

だからこそ、1年の終わりにはしっかり大掃除して、ピカピカお風呂で新年を迎えたいところ。プロに頼まずとも、自分でなんとかキレイにすべく、ライターが実践します。

カビは専用洗剤と湿布で根こそぎオフ

床の隅っこや浴室のドアパッキンに発生した黒いカビ。これらが目につくと、お風呂に浸かって1日の疲れをとるどころではありません。

そこで、「強力カビハイター」の出番。黒ずみやカビの気になる箇所にスプレーし、5分置いて流すだけなんです。

お風呂のカビの落とし方

「強力カビハイター」使用時は、手袋、メガネ、マスクを着用の上、しっかり換気をしましょう。

粘度の高い泡がカビ汚れにしっかりとどまって、しっかりオフ。特にカビがひどいところは、ティッシュで湿布すれば、しっかり落とせます。

ヌルっとして目を逸らしたい排水口やヘアキャッチャーにも忘れずスプレーしておけば、黒カビもしっかり落とすことができます。 

お風呂の排水口の掃除

カビもスッキリ、ドアパッキンや風呂床が白くなり、清潔感がアップ。心も晴れ晴れします!

浴槽、壁、床にはスプレーして放置、あとは流すだけ

毎日洗っている浴槽ですが、汚れを落としやすくするためにも、お湯を抜いたすぐ後のケアが効果的。汚れが乾燥すると、こびりついてしまいます。その前に洗ってしまうというのが風呂掃除の鉄則です。

今回は年末なので、普段は手入れの行き届かない壁や床もまとめて、一気にお掃除しちゃいましょう。

「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」を、浴槽や浴室の壁・床に直接スプレーし、数分待ちます。

浴槽の洗い方

あとはシャワーで流すだけ。

浴槽の洗い方

本当にこれだけ?とびっくりするほど簡単です。

濃密な泡が汚れにはりついて効くので、浴槽などの湯アカ・皮脂汚れもこすらず、スッキリ落とせるんだそう。それでも、気になる汚れには、スポンジやブラシで軽くこするとさらに効果的!

ピンク汚れとは、実は菌の一種。「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」なら、スプレーして流すだけで除菌できるので、ピンク汚れの発生を抑えるほか、浴室にこもったニオイもすっきり消臭してくれます。

風呂ぶた、湯おけ、椅子までピカピカ

そして、忘れちゃいけないのが、お風呂の小物や細かな場所。

風呂蓋や洗面器、湯おけ、バスラックの棚の隅もヌメリや湯あかを溜まっていることも。しっかりオフしましょう。

こちらも「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」をスプレーして、少し時間をおいて、サッと流すだけ。

風呂おけ・湯おけ・椅子の洗い方

気になる場所はスポンジでこすり洗いするだけ。

寒い冬場のこすり洗いは重労働、と思っていたのですが、「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」を使えば、スプレーして待ち、軽くこするだけ。泡切れが早く、洗い流す時間も短縮できます!

来年は汚れをためず、こまめな毎日の浴槽掃除と、たまに細かい部分のお掃除をして、年末の大掃除に楽したいと思います!

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

キレイなお風呂なら、長風呂したくなるかも?

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事