スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

【動画で解説】換気扇をキレイに!プロペラタイプ換気扇の掃除方法

油でベトついたプロペラは「マジックリン」をスプレーでピカピカ。ガンコな汚れは「ワイドマジックリン」でつけおきを。

換気扇掃除は、油でベタベタ汚れているし、高い場所にあって掃除が大変そうなので、敬遠していました。しかし、「マジックリン」を使えば、意外と簡単にすっきりキレイになることがわかり、挑戦してみることに!

<用意するもの>

  • マジックリン
  • ワイドマジックリン
  • ゴム手袋
  • スポンジ

マジックリンとワイドマジックリン

プロペラタイプの換気扇はパーツを分解して掃除をする!

わが家の換気扇はプロペラタイプ。このタイプの換気扇の掃除方法は「はずせるパーツをはずし、それらの汚れをよく落とし、乾かしてから再びすべてをとりつける」のが基本なのだとか。

マジックリンで各パーツの汚れを落とす

さっそく掃除をスタート。

<掃除方法>

1.換気扇の電源を抜き、レンジが汚れないよう新聞紙を敷く

2.手にゴム手袋をしたら、各パーツを取り外し、新聞紙の上に置く

.手にゴム手袋をしたら、脚立にのぼり、各パーツを取り外していきます。

3.シンクに取り外したカバーやつまみ部分を入れ、「マジックリン︎」をスプレー。5分ほどおいてから、水でよくすすぎます。

シンクに取り外したカバーやつまみ部分を入れ、「マジックリン︎」を噴射。

掃除の目安は、月に1回。このペースなら、油汚れがひどくならず、結果的にお手入れがラクに。

油汚れがひどいパーツは「つけおき洗い」がおすすめ

汚れがとくにひどい場合は、発泡剤配合の洗剤でつけおきし、しっかり汚れをはがし取るのが効果的なのだそう。

<つけおき洗いの方法>

1.大きめのビニール袋を用意し、汚れたパーツを入れたら、全体が浸かるくらいまで40度程度のぬるま湯をはります。

2.そこに「ワイドマジックリン」などの粉末タイプの台所まわり用洗剤を入れ、1~2時間放置。

換気扇のパーツをひたして1時間ほど放置。

3.スポンジなどで各パーツをこすって水洗い。

スポンジなどで各パーツをこすって水洗い。

4.水気をしっかり拭き取って乾かします。

水気をしっかり拭き取って乾かす。

5.各パーツをふたたび組み立ててフィニッシュです。

各パーツをふたたび組み立ててフィニッシュです。

パーツを分解して掃除をすることで、油まみれだった換気扇はかなりキレイに。キッチンまわりの清潔感がアップしただけでなく、換気扇の吸引力も回復した気がします。意外と簡単にできることがわかったので、こまめに掃除したいと思います。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事

{{post.title.rendered}}

  • StepItem.StepImage.title

    {{StepItem.StepText}}

  • {{StepItem.StepText}}

  • {{QuestionItem.question}}

{{post.acf.cardview_text}}

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

{{post.acf.ShopLink_Text}}

オンラインショップ