【衣替え前のお洗濯】残った汗がシミになりがちな夏服の洗濯ポイント

  • card_2593_001

    見えない汗が残りがちなエリ・脇は洗剤の原液をなじませて洗い、汚れ残りを防ぐ

  • card_2593_002

    全体的な黄ばみ・くすみは、洗濯機に水を張って1時間のつけ置き洗いで解決!

  • card_2593_003

    香りが残るお気に入りの柔軟剤を使えば、干したり畳んだりの面倒な作業も気分良く

お気に入りの夏物は、きちんとしまって来年も活躍させたいもの。でも、個人的に衣替えは、気合を入れてやらないといけない作業でちょっと苦手…。少しでもモチベーションをアップさせるために、お気に入りの香りが残る柔軟剤を使って衣替え前のお洗濯を実践してみました。

気をつけて!残った汚れのエイジング

衣類に汚れが残ったまま服をしまうと、時間の経過とともにシミや黄ばみ、ニオイに変化してしまうのだとか。これを「汚れのエイジング」と言うそうです。特に夏は、汗や皮脂の分泌が多い季節のため、ちゃんと洗ったつもりでも衣類の汚れが落ち切っていないこともあるのだとか。お気に入りの洋服を翌年取り出してみたら台無しに…なんてことを防ぐため、たくさん汗を吸っていたり、汚れ落ちに不安のある衣類は、一度洗っていても収納前にあらためて洗濯することが大切です。

クリーニングに出した服も、汗は落ちていないかも

夏の間、クリーニングに出していた洋服も、通常のドライクリーニングでは水溶性の汚れが落ちにくいため、汗が繊維に残っていることがあるので要注意。絵表示を確認して、水洗い可能であれば、おしゃれ着用の中性洗剤を使って、手洗いまたは洗濯機のドライコースできちんと汗を落としてあげましょう。

繊維に残った汗や皮脂を落とすコツ

汗や皮脂の汚れがつきやすいエリ・脇の下の部分におしゃれ着用の中性洗剤の原液をつけ、指で優しくなじませます。

繊維に残った汗や皮脂を落とすコツ

Tシャツや綿ブラウスの場合は、エリや脇の下にスプレータイプの酸素系漂白剤をスプレーしてから、洗濯機に入れたり、洗剤と一緒に液体酸素系漂白剤を使ったりするのもニオイや黄ばみが気になる場合に効果的です。

あとは、洗濯ネットに入れてドライコースで洗います。

全体的な黄ばみ、くすみにはつけ置き洗い

全体的な黄ばみ、くすみが気になるときは、つけ置き洗いが効果的。洗濯機に低めに水を張り、通常の洗濯と同じ量の洗剤と酸素系漂白剤を入れて約1時間つけ置きします。その後は通常の水量まで水を足して他の洗濯物と一緒に洗えば、水も洗剤も無駄になりません。

全体的な黄ばみ、くすみにはつけ置き洗い

汚れをしっかり落とす!洗濯機の使い方

衣類についた、汗や皮脂の汚れをしっかり落とすためには、洗濯機の使い方も大切。「洗濯物を詰め込み過ぎない」「洗剤は適量を守って使う」「きれいな洗濯槽で洗う」の3つが大事です。

これらが守られていないと、せっかく洗っても汚れが落ち切れなかったり、ニオイが残ったりしてしまうことも!

好きな香りの柔軟剤で気分よく

香りが残る柔軟剤を使うと、干したり、畳んだり、しまったりの作業が楽しくできるのでオススメです!

好きな香りの柔軟剤で気分よく

衣替え前の洗濯で、ポイントをおさえた衣類ケアをすれば、大切な衣類をきれいに保つことができ、長いおつきあいが可能に!衣替えの時期は必ず実践しようと思います。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事