スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

洗濯機でふわふわに仕上がる!フリースジャケットの洗い方とは?

  • card_25982_001

    摩擦に弱いフリースは、ファスナーを閉めたら裏返して洗濯ネットに入れる。

  • card_25982_002

    おしゃれ着用洗剤を使い、ドライ(手洗い)コースで洗うことで毛玉を防止。

  • card_25982_003

    型崩れ防止のため、服の肩幅に合ったサイズのハンガーで陰干しする。

肌ざわりが柔らかく、温かいフリースジャケットは、わが家のヘビロテアイテム。親子ともども毎日のように愛用しているので、もちろん汚れがついたらきちんと洗いたいところですが、洗濯に失敗してゴワゴワになったり毛玉ができてしまったことも(涙)。一体どうしたらよいのでしょうか?

洗濯前に色落ちチェックとシミの下処理

洗う前に、まずはフリースジャケットの取扱い表示をチェックします。(旧表示はsentakukitearai2)がついていれば、自宅で洗濯できます。

フリース素材は摩擦に弱いので、毛玉や毛羽立ちを防いで布地を傷めることなく洗濯できる「エマール」などのおしゃれ着用洗剤の使用をオススメします。静電気や毛玉を防ぐ効果のある柔軟剤も使いましょう。

初めて洗う場合は、必ず目立たない部分で色落ちしないか確かめましょう。目立たないところに、使用する洗剤の原液をつけて5分おき、白い布などで押さえます。色がついた場合は、単独で手早く洗いましょう。洗濯を始める前にシミなどの部分汚れがないか確認し、気になる汚れには直接洗剤の原液を塗って指でなじませておきます。

洗濯ネットとおしゃれ着用洗剤で摩擦を防ぐ

摩擦に弱いフリース素材は30℃以下の水でやさしく手洗い(押し洗い)をするか、洗濯ネットに入れて洗濯機のドライ(手洗い)コースで洗います。

今回私は洗濯機で洗うことにしました。

洗濯ネットに入れる際は毛玉の原因になる摩擦を防ぐため、ファスナーやボタンを閉めて裏返してから入れます。このとき、袖口など、汚れやすい部分は外側になるようにたたむと、キレイに洗えます。

洗濯ネットに入れて洗濯機へ

おしゃれ着用洗剤と柔軟剤をセットして「ドライコース」を選択したら、あとは洗濯機におまかせです。

洗濯ネットに入れて洗濯機へ

サイズにあったハンガーを使って陰干しを

洗濯が終わったらすぐに取り出し形を整え、日陰でハンガー干しをします。型崩れを防ぐために、服の肩幅に合ったサイズのハンガーを選びましょう。また、フリースは熱に弱いので、乾燥機は使用せずに、必ず干して乾かしましょう。

日陰でハンガー干しを

フリースジャケットはアウターとして着る機会が多かったのですが、洗濯に失敗してからはシーズンオフまで除菌と消臭ができるスプレーで乗り切っていました。気をつけて洗えばふんわりと仕上がり、かつ毛玉を防げることがわかったので、今後はこまめに洗っていきたいと思います。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事