2016年花粉最新情報

 

今年もそろそろ花粉が気になる季節になりました。2016年は全国的に花粉の飛散量が少なめで、関東は5割減だとか。毎年花粉症で苦しんでいる人には朗報です!とはいえ、花粉にも実はあちこちにホットスポットがあります。賢く避けるためにどうすればいいのか、気象情報会社「ウェザーニューズ」に聞いてみました。

今年は「西高東低」になる

花粉飛散量のカギを握るのは、スギ花粉を出す「雄花」の数。

ウェザーニューズによると、「雄花の生育は夏の天候に左右され、夏に曇りや雨が多く、気温が低いと、翌年の花粉の飛散量が少なくなる傾向があります。一方、夏によく晴れて暑くなると翌年の花粉の飛散量が多くなる傾向があります」とのこと。

2015年の夏は、東日本でも西日本でも雨の日が多く、8月後半は肌寒い日もありました。このため、平年に比べるとスギの雄花は全国的にあまり育たなかったのです。

それなら今年は安心かと思いきや、西日本では2016年は「表年」にあたるそうです。花粉が多く飛散する“表年”と、飛散量が減少する“裏年”は、交互に訪れるといわれています。 西日本は、2015年は裏年で飛散量が少なかったため、その分今年は飛散量が増えるのだとか。

地域によっては前年比200%以上になるという予想もあるので、要注意です。

地域別の花粉飛散予報

それでは、地域別の花粉の飛散予報を見ていきましょう。

北海道:2015年の1.5倍
東北:2015年と同じかやや少なめ (1.0〜0.7倍)
関東:2015年より少なめ (0.6〜0.9倍)
東海甲信南部:2015年の約0.5〜2.0倍
北陸甲信北部:2015年の約0.7〜1.1倍
近畿:2015年の約1.2~2倍
山陰:2015年の約1.2~1.6倍
山陽:2015年の約1.1~1.3倍
四国:2015年の約1.5~2倍
九州北部:多くのエリアで2015年の2倍以上
九州南部:2015年と同じかやや多め(1.0〜1.1倍)

ただし、2倍以上の地域でも、平年に比べると飛散量は少ない模様です。

花粉の「ホットスポット」に要注意

ところで、同じ地域でも、花粉の濃度が濃いホットスポットが生じることもあるそうです。なぜなのでしょうか?

「いくつかの要因が考えられますが、風向きが変化すると花粉を運ぶ風が流れる方向が変化するため、花粉の飛散量に地域的な差が生じ、たくさん花粉が集まるホットスポットができる可能性があります。とくにスギやヒノキなどが集中的に植えられているところは花粉の発生源となるので、花粉が集中することがあります」 。

スギやヒノキの花粉は数10キロから数100キロ飛ぶといわれているので、離れた場所であっても風向きによってはホットスポットになることも。ホコリがたまるような吹き溜まりには花粉もたまりやすいので、避けるようにしましょう。

今からできる予防策

それでは、どのような予防をすればいいのでしょうか。

花粉は体に取り込まないのが症状の軽減につながるので、花粉の飛散量が少ないシーズンのはじめからしっかり対策をしておくことが必要です。ゴーグルやマスクでもある程度防げますし、病院に行って医師に相談すると投薬などその人にあった治療を受けられるでしょう」。

治療の効果が出はじめるまでに時間がかかるので、発症してからではなく、花粉の飛散開始前か、症状が軽いときから病院に行くのがおすすめです。

また、花粉の時期に備えてお酒の飲みすぎや寝不足、過労などの不摂生を解消しておくのも予防になります。 とはいえ、最近の研究では花粉症の人はがんになりづらく、長生きするという研究報告もあります。あまりナーバスにならずに、今年も乗り切りたいものです。

取材協力:ウェザーニューズ

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事